8-1、胃疾患

1.胃部に平素圧迫感、鈍痛あり、食欲不振の中年男子

(御教え)

「本年五十九歳の男子、昨年頃より空腹時に多少痛みを感じ平素も胃部に圧迫感と鈍痛があり、昨今はほとんど床に就いています。昼食前に必ず胃部が痛み時にはポトポトと水のような無色無臭無味の液を吐きます。四時前後にまた胃部に痛みを感じ、食事を戴けば痛みは去ります。初めの頃は食事を戴けば痛みは去りましたが、この頃ではその時刻に何か戴こうとしても食欲がなく口を通らず非常に困るようになりました。夜は時とすると空腹時の九時過ぎに痛む事もあります。痛む時に仰向けに寝ますと大概二、三十分以内には痛みは止まりますが、寝ないでおりますと痛みは止まりません。夜一時頃から朝までの間は一番具合の良い時で、この間に痛んだことは少のうございます。」

『原因は背中です。余り痛まぬかも知れません。背中の薬毒です。それが還元するのです。』

 

2.腹部に固結あり、酸気のあるヌラ状のものを吐き、衰弱はなはだしき少年

(御教え)

「十七歳の男子、一昨年十一月発病し医療を受け昨年七月二十五日より御浄霊を戴いております。当初やせ細り食欲なく腹部に固結があって筋張り、日に何回も酸気ある淡いヌラ状のものを吐瀉しておりました。御浄霊により一時食欲は出、気分がよくなり、九月母親が入信しその後毎日三回御浄霊致しておりましたが、十月末頃より食欲はございますが食べかかると胃が張って食べられなくなります。無理に食べると吐瀉し全身もだるく衰弱はなはだしくなりました。 またいつも十余日位も便通がありません。猫も殺したことがあり、また猿にせめられる夢を見た事がございます。霊的なものでございましょうか。」

『前と同じで、やはり背中の薬毒です。酸気ある淡きヌラ状のものは薬毒です。猫を殺したのはこれと関係ありません。』

 

3.胃病で毎日二回は食物を嘔吐し、衰弱はなはだしき中年の男子

「御教え集」1号、昭和26(1951)年9月20日発行

「私の夫五十歳は以前より胃病にて困っておりましたが、昭和二十四年四月多量の血を嘔吐してから一層悪化したので、その後医者や薬と手当をしましたが効果なく、二十六年の一月頃より一層悪化して床につくようになりました。二十六年の三月私が御守様をお受けして毎日浄霊をさせて戴いております。家の都合で御神体は御祀りしておりません。三月以来激しい痛みが続きましたが、お蔭様で痛みは少し楽になり、毎日二回は食べ物を嘔吐致しますので、そのためか便通は少なく、身体は日に増し衰弱して大変やせました。四月頃の痛みが激しかった時より余程元気づいておりますが、近頃の暑さのためか急に弱って来ました。また毎日二回嘔吐することは何か霊的の関係がありましょうか。」

『これは大変な薬毒ですね。胃の悪い人は薬毒が多いものですがね。衰弱が増すんですね。それから食物を吐くという事も良くないな。それから光明如来様をお祀りしないと言う事も困りますね。何と化してお祀りして、浄霊は背中ですよ。さっき言った通り、胃の後ろ辺りですね。そこを主にする。次は腎臓ですね。浄霊はそれだけです。それから光明如来様をお祀りして…』

「引揚者で、アパートで二階の下に住んでおり、主人がずっと病気で赤貧洗うがごとき状態でありまして…」

『そうかと言って、二階の下にいたのでは、絶対祀る事も出来ないし――難しいな。嘔吐は非常な薬毒ですからね。薬毒にも色々ありますからね。これは強い悪い薬の毒ですね。やはり薬毒があるために嘔吐するんですからね。ちょっと難しいんじゃないかと思います。』

 

4.胃下垂にて発熱、胃が痛み、食欲不振、連日下痢で疲れ易くなった青年

「御教え集」6号、昭和27(1952)年2月25日発行

「十八歳の男子。胃下垂のため二年間服薬注射を致し、段々衰弱し、二十六年夏頃より御浄霊戴き、大変気分が良くなり、入信させて戴きました。その後父も入信させて戴き、以後自宅で父の御浄霊を戴いておりました。二十七年元旦に協会に参拝致し、午後から下腹から寒気がして気持ちが悪くなり、その夜から熱が出て、食欲なく、胃が痛み、四時間程苦しみました。毎日下痢し、お腹も数回痛み、元気なく、何となく疲れやすくなりました。右御伺い致します。」

『これは結構ですよ。熱が出たと言う事は、薬毒の固まりが溶け始めたんだから、浄化熱です。それから、胃が痛み――痛みもやはり薬毒が溶ける苦痛ですね。そのために食欲がないんだからね。毎日下痢――これは結構ですよ。このために毒が出るんだからね。疲れる――これはしようがないですよ。食欲がなく、下痢するんだから、少し位疲れます。この位我慢しなさい。浄霊は背中の方に固まりがありますから、それを溶かす。一旦飲んだ薬は、仰向けに寝るから背中に溜まりますから、それを溶かす。前にも固い所がありますから、それをとる。胃下垂というのは、薬の飲み過ぎなんですからね。いつも言う通り、薬を飲み過ぎて、薬が垂れて来るんですからね。こんなものは何でもないですよ。それから、こういう人はお茶漬を食べると良いんですよ。お香こをきざんで、それでお茶漬する。鮭でお茶漬ですね。そういうふうなものが割に良いんですよ。つまり胃下垂というのは、消化の良い物とか、良く噛んだりすると駄目なんですから、胃の悪い人は、お茶漬を食うんですね。それだけで治ります。胃下垂なんかは、お茶漬で百発百中です。』

 

5.乳を飲ませる時、首を反対に向けてひきつけ、食物は一切さけて、貰い乳を飲ませている生後一年位の幼児  

「御垂示録」1号、昭和26年 9月15日発行

「四国の一信者でございますが、長男は育っておりますが、長女(生後一年程)は二番目の子供でございますが、乳をのませます時、首を反対に向けてひきつけます。乳は飲みたがります。姑にだっこすると機嫌良くしております。それで姑にだっこして貰い乳を飲ませます。食物は一切さけており、嘔吐はしません。」

『一年以上経ったら乳を飲ませてはいけない。これは乳を飲みたがってはいない。胃かへその周りに固結があるから浄霊してやる。背もよくしてやるんですね。』

 

6.御浄霊の都度、黒茶色の物を十五、六回吐き、見る見る衰弱し食欲のない老婦人

「御教え集」7号、昭和27(1952)年3月20日発行

「五十六歳の未入信の女性、二十六年十二月十二日より御浄化を戴き、二、三日置きに御浄霊をさせて戴いておりました。十二月一杯は不快感で寝たり起きたりし、二十一日より御浄化が激しく床につき、御浄霊致しますと黒茶色の物を約五合位吐き、それより毎日三合から五合位、御浄霊のたびごとに十五、六回吐き、肥っておりましたが見る見るうちに衰弱し、みぞおち部と少し下部に二つ、大きな固結がありましたが、現在はみぞおち部に少々ある程度でございます。背面を御浄霊致しますと、吐きます。また食欲はなく、少量のおかゆとクズ湯を少々戴くだけでございます。胃には痛みがなく、へその左側が時々痛みます。薬は使用しておりませんが、針と灸は相当致しております。またPL教団の別派暁教の補教師ですが、本教に一生懸命すがっております。右御願い申し上げます。」

『これは結構ですがね。この人は、つまり胃に小さい穴があいているんですよ。それで、少しずつ来ては溜まって、固まりが出来ていたのが、浄霊で溶けてきて、そうして吐くんですから、ある期間食欲がなくなって――仕方がないんです。ですから、あんまり急に衰弱しないために――そういう時は浄霊を休んでいるんです。そうすると、幾らか食欲がつきますから、そうして食べて身体がしっかりしたら、また浄霊をする。と、気長にやった方が楽にいきますね。ですからこれは、大変結構なんですがやっぱりこれは、昔――子供のうちか何かに、飲んだ薬が毒血になって、背中に固まっているんです。ですから、背中を浄霊すると、溶けて出るんですから、本当は結構なんです。で、かなり衰弱しますが、割合大丈夫なものです。ごく衰弱すると、むくみが来ますからね。それでも別にさしつかえないですよ。普通は、そうならないうちに済むものですがね。大分大きな固まりも、小さくなったんですから、もう一息ですよ。それで、当分おかゆみたいな物をやって、あんまり固形的な物をやらないんですね。まあ、それだけです。』

 

7.胃癌、胃下垂、胃潰瘍と診断され、吐血あり、その後下痢、吐き気、食欲不振、便通少なく、衰弱せる老婆 

「御教え集」6号、昭和27(1952)年2月25日発行

「私の姑(六十二歳)は二十六年二月頃より胃が悪く、内仕事は悪いながらもボツボツ致しておりましたが、段々痛みを感ずるようになり、食欲も無くなりましたので、四月に病院に行き、レントゲンの結果少し胃癌の模様があるとの事で、手術したら一ヶ月で治ると言われましたが、老年のことゆえ断り、一ヶ月薬と注射を続けましたが、少しも快方に向かわず、漢方薬も併用致しておりました。別の医師に胃下垂と言われ、一ヶ月治療を受けましたが、一向に良くならず、胃専門医に診て貰い胃潰瘍と診断され、胃の口がただれているとの事で、注射と薬を飲み通院致しておりました。胃の右側に梅の実大の固結があり、痛みは取れず、苦痛はますます増すばかりでございました。八月二十四日には多量の吐血があり、血の固まりも多量に出、それからはすっかり衰弱し起きる事も出来なくなりました。その後十月一日から御浄霊を戴くようになり、一ヶ月半過ぎました頃から時々下痢の御浄化を戴き、大変楽にさせて戴きました。十二月中旬から一週間程日に四回の下痢を致し、ますます食欲は無くなり、糊のようなおかゆを戴いても、胸がムカムカ致し、受付ない時もございますので、流動食を主にしております。胃と肝臓の右下に固結が板張りのようになっており、軽く押しても痛みを感じます。食事は日に牛乳三合、鶏のスープ少しと、糊のようなおかゆを少し戴く程度でございます。時々吐気を催し、口中にスッパイ液が出ます。便通は三日に一度位で固く、大変難儀を致します。また脳も悪く、耳も次第に遠くなっております。なお、姑は三人兄弟ですが、姉は十一歳の時水に落ちて変死し、姑の次男は三十歳の時脳膜炎となり、現在三十歳になっておりますが、外に出たがるので、二ヶ月前より脳病院に入れてあります。また私の長女は二十五年(七歳)脳膜炎で死亡致しております。右とは何か関係がございましょうか。」

『これは霊的に関係ありません。薬毒ですよ。お医者さんに作って貰った病気ですから、薬が出るだけ出れば治るんですが、これが大変なんでね。時々吐気―― スッパイ液――これは胃の中に、やっぱり薬毒が溜まっているんです。それから、一旦しみたのが、胃に戻って来てますね。それから便通は、たんとあってはおかしいです。少ないのが当たり前です。流動物ですからね。難儀をする――一週間や二週間は便が出なくても何でもないんですから、安心して――自然に出るのを待っていれば良いんです。いつかは出て来ます。食欲がなくて、流動物なら出ないのが当たり前です。これは、薬毒病ですから、気長に――下痢や血が出るのは結構ですから、そうやっていれば、段々良くなってきますよ。』

 

8.肩、腎臓が固く、胃と下腹が痛み、胃の痛みがとれてより、チョコレート色のヌラヌラしたものを激しく嘔吐し、下腹部に固結が出来、次第に大きくなり死亡した女性

「御教え集」8号、昭和27(1952)年4月20日発行

「私(教師)の妻(二十六年十一月三十日帰幽)肩、腎臓が固かったのですが、寝る事はなく、平常は他の人と同様に御浄霊は戴きませんでした。胃部と下腹が痛いと言い、御浄霊でその都度楽にさせて戴きました。六日目より下腹の痛みが強くなり、御浄霊中胃部と下腹が交互に痛み、最後に胃部の痛みが止まってより、チョコレート色のヌラヌラしたものを洗面器に三分の一位出しました。一時間に十回位出しました。下腹は痛みませんが、重苦しいと申し、右下腹に直径四寸位の丸い固いものがあり、三ヶ月前より段々大きくなり、痛んだと申します。右下腹の痛みが段々楽になり、全身がだるいと申しながら翌朝帰幽致しました。死後右下腹と両手先が薄黒くなりました。右の御浄化につき御教示御願い申し上げます。」

『チョコレート色と言うのは血の古いのですからね。よく吐くものですがね。この人は胃の下の方にオデキが出来たんです。オデキが出来て、そこから始終血が少しずつ出ていたんですね。出ていたのが、段々溜まってきた。それが下腹の方に行って固まりになる。それから、胃の方のは嘔吐したんですがね。それで出たんですがね。この位で死ぬ訳はないんですがね。これは注意しなければいけないんですね。誰でもそうですがね。肩の固い人は早死になんです。普段丈夫なようでいてパッと死ぬんです。だから、人間は肩が固いのは安心出来ない。で、この人は普通の病気で死んだんじゃないんです。これは霊的に訳があるんですね。これはある時期に分かりますよ。何で死んだと言う事がね。今はちょっと言う訳にはいかないがね。何年か経つうちに分かる時があります。これは、神様の方に訳があるんです。ですから、普段健康であっても、浄霊して肩を柔らかくして置くと言う事は肝腎ですよ。だから、病人でも肩の固い人は結果が悪い。肩の柔らかい人は、随分助かります。この、肩の固い柔らかいは、非常に関係があるんですね。肩の柔らかい人は、どこかしらに強い処があるね。』

 

9.十年位の間ごく少量の食事、一日にサンマ一匹、カリントー五本位で元気な中年の男子

「御垂示録」5号、昭和26(1951)年12月25日発行

「四十二歳位の男で、十年位の間、サンマ一匹あれば、一日の食事になり、カリントを五本だと良いが、七本だと腹が張ってくる、と言うのでございます。」

『胃が小さくなっているんでしょう。』

「顔色はありませんが、話は非常に元気があります。霊的では――。」

『大体は体力があるんです。元気なんです。霊的じゃないですね。それは、胃の周りに毒が固まっていて圧迫していたんです。薬毒がうんと入って、それが固まっている。背中は――。』

「丸くなっております。」

『そこに毒がある。それを溶かせば、広がって来ます。』

 

10.普通に食事が戴けず、起きて三十分以内だと戴ける人

「御垂示録」10号、昭和27(1952)年6月15日発行

「普通に食事が戴けず、起きて三十分以内ですとお水一杯のあと戴けます。他の時は全然摂れず、無理に摂ると水一杯でも非常に発汗し興奮し苦しみます。」

『つまり、寝たあとは入るというのは、胃の噴門の上に毒がある。寝ているとその毒が後ろの方にあるから、噴門の方に穴が開いている。起きるとそれが下がって来て、それを塞ぐという意味でしょう。ですから胃の後ろに固まりがありますよ。それと前からの――噴門と、それで治る訳です。』

 

11.一日中胃および胃の後一面が痛み、お腹に石のようなものが出来ている人

「御教え集」1号、昭和26(1951)年9月20日発行

「私は十七歳頃より胃酸過多症でしたが、昭和二十三年の春より胃に痛みを覚え、逐次痛みが加わり、同年九月入信致しましたが、病状意の如くならず、最近毎日御浄霊を戴いておりますが、相変わらず痛みがとれず、医師の診断によれば十二指腸潰瘍兼胃アトニー兼胃下垂との事で、ほとんど一日中胃および胃の後ろ一面が痛みます。」

『これは誰がやっているんです。こういうのはそんなに長くかかる訳はないんだが、痛みと言うのは治り良いんですからね。あれは浄化だから、浄化が起こっているんだから。胃の痛みなんて大したもんじゃない。浄霊に力が入るんじゃないかな。それから、こういうのは全然背中ですよ。前なんかやる必要はない。前が痛いようですが、背中で溶けた薬毒が溶けて来て胃に来るんだから、背中にあるんです。』

「お腹に石みたいなものが出来ております。」

『その石みたいなものが病原と思っていると違う。その後ろのちょっと上の方に痛みがありますから、そこをやるとじきに治る。胃けいれんでも、前でなくて、背中をやるとじき治る。これは全部薬毒ですからね。』

 

12.胃、肝臓部に固まりがあり、食欲不振で突き上げてくる症状を持った人

「御垂示録」4号、昭和26(1951)年12月10日発行

「御守護お願い致しました者でございますが、疑似胃癌ではないかと感じておりましたが、非常に殺菌剤を用い、淋毒性のを若い頃使って、一年位軍隊で入院しアルバジルを――。」

『アルバジルは悪いんだがね。アルバジル中毒で死にますからね。』

「肝臓のところにあります。」

『薬毒だね。』

「胃のところにもあり、浄霊を始めますと、非常に痛がります。暫くしてから、下って楽になります。排泄は大、小便共相当にあります。微熱が続き食欲不振で衰弱しております。これはやはりこの固まりを浄霊するのでございましょうか。」

『そうです。うんと力を入れないでやる事ですね。薬毒だからね。ただ、問題は衰弱だね。溶ける間に、衰弱回復の方が勝てば良いがね。特に背中だね。後だね。』

「固まりのある裏の背中を浄霊するのでございましょうか。」

『そうです。この固まりが、元はやっぱり背中にあるんだからね。それが溶けて来て、ここ(肝臓)に来るんです。』

「戦争中にクレオソートを使いましたそうです。」

『材木の腐るのを止めるものですね。電信柱に塗ります。馬鹿なんですよ。あんなものを飲むとはね。』

「寝ますと、奈落の底に落ちていくような感じがし、その時頭の上を親指で押えつけ、ウトウトしたら手を放せと言いますが、頭と背中の関係が――。」

『今まで、やっぱり頭に薬毒が固まっているんです。人間は考えるでしょう、心配したりして――使うと、背中のが寄っていくんです。平均浄化を起こす。こっちが(頭)溶けるから、こっち(背中)が溶けるんです。頭は固まりやすいからね。そういうのは、特に後頭部です。』

「そうなりますと、急所が難しいようで、どこもかもあるようでございます。」

『どこもかもあるが、その中で一番の急所です。というのは薬毒ですよ。飲み薬をのんで仰向くでしょう。それで、胃に固まるのではなく、背中です。胃に固まる事はないですよ。ただ、胃の底に固まる事がありますがね。どこに固まるかというと、胃からしみ込みますからね。寝ているから背中の方に押していって固まる。背中の方は、胃のようではないから、固まりっぱなしになる。ある程度固まると、浄化が起って、胃に戻っていくから、戻ったのは大変な毒になる。それが、ここ(胃)に固まるんだ。固まると、不思議なもので、出ないですよ。背中から来ると、そっくり固まっちゃう。早いです。その固まりが、人によって、下の方に固まったり、へその方に固まったりする。癌なんていうのは、みんなそうです。』

「突き上げるようになりますが――。」

『これが浄化ですね。溶けるんです。こう固まったのが溶けると、増えるんです。下にいかないで嘔吐するようになるんだね。胃から腸に行く――幽門――そうですね。それが下にいかないんです。薬毒のどろどろしたものが、幽門につかえるから、幾分か下に行くが、大体は突き上げる。幽門狭窄だね。幽門のまわりに毒素があって、幽門のまわりで、幽門を圧迫するから、そこから出ようとしても出られないから、突き上げる。だから、幽門狭窄は嘔吐が起ります。慢性嘔吐というのは、幽門狭窄ですよ。』

「腹が張り、腹膜みたいになっております。」

『幽門から出ないからね。他に行っちゃうからね。みんな、薬というものは、それ程悪いとは思っていないからね。普通の薬なんか、全然気に止っていないですね。人によっては、薬を飲んだ事はないと言うんですよ。というのは、西洋の薬だと思っている。持薬で飲む漢方薬は問題にしてない。センブリだとか(ゲンノショウコ)ですね。煎じ薬はというと、それは飲みましたと言う。それから、火傷、怪我した時の消毒も、何でもないと思っている。この消毒薬が皮膚から浸透して、大変な病原になるんだからね。井上さんなんか、始終後頭部が痛んだり一年に一ぺん位足にね。背中に瘍疔が出来て、手術したそれですからね。飲み薬じゃない。消毒薬ですからね。背中を始終痛がっているが、頭に来て、それが足に垂れていってなっているんです。』

 

13.胃潰瘍、胃下垂で寒気が治りにくい場合の浄霊の急所、微熱のとれるのに要する時間

「御垂示録」8号、昭和27(1952)年4月25日発行

「胃潰瘍、胃下垂で、一時間以上しても寒気が治りにくい場合は――。」

『どこを浄霊してますか。』

「肩胛骨と脊柱の間、胃の裏を致しております。」

『もう少し下ですがね。大体裏に、何しろ固まりがありますよ。それから、着物の上からでも分かりますが、一番熱い所があるから、そこに毒がある。そこを浄霊すれば良い。見当違いしているんです。着物の上からでも、一番熱い所があるから、そこを浄霊すれば良い。』

「寒気は、外に何かあるのでございましょうか。」

『寒気がそこですよ。』

「微熱と言うものも、各所にございますのでしょうか。」

『各所にありますよ。その人は外にもありますが、そこが一番の因ですよ。』

「何分位で冷めますのでございましょうか。」

『色々です。五分でも冷めるでしょうし、三十分位のもある。毒の量と強さによってね。』

 

14.胃潰瘍にて、浄化激しく痛み続けて異物を吐き、人工吐瀉もしばしば行っており、偏食がちな中年の男子 

「御教え集」7号、昭和27(1952)年3月20日発行

「五十三歳の信者(男子)御神体、御写真、御屏風観音様を御奉斎させて戴いております。胃潰瘍にて再三御垂示戴いておりますが、二十五年十月より特に御浄化激しく、現在に至るまで毎日痛み続けで、毎月平均三回位(一回の吐量一升から一升五合位)の異物を吐いております。色は白色膿のようなものと、濃い緑茶色のものでございます。入信前の内服薬はゲンノショウコ約半年、正露丸五瓶位、消化剤、鎮痛剤等で、注射薬としてモヒ二、三本、六〇六号十本外にキニーネ数服、三十年前淋病にてケンゴール外一種の薬を三ヶ月服用致しました。また、軍隊の当時予防注射を致しております。現在の状態は、背部の痛みが、左胃の背部から腎臓部にかけて特に痛み、右側も時々痛みます。腎臓上部の痛みが特に激しいようでございます。腹部はへそ下より左横隔膜よりみぞおちにかけて特に痛み、左横隔膜に特に激痛を訴えます。熱はなく、ある時でも微熱です。緑茶色より白色膿状のような物を吐く場合特に激痛があります。入信以来現在までに吐いた異物の量は相当になります。激痛の折りは板の如く固くなり、耐えずヌラが上がって参ります。小水を致します時尿菅が痛み、それが腎臓部に通じ、横隔膜の所に痛んで参ります。小水は常に膿のように濁っております。食欲は偏食がちでございます。要求する物を偏食させてよろしゅうございましょうか。二十五年(浄力)の御守様を拝受致しましてより、特に御浄化強く、現在いまだ(光明)の御守様は拝受致しておりません。」

「入信以来、大、小痛みの切れ間がございませんが、御浄霊の急所がはずれているためでございましょうか。御浄化の激しい場合に御浄霊致しますと、必ず一時痛みが激しくなります。痛みの激しい時に異物を吐きますと、一時楽になりますために、口中に指を入れて人工吐瀉致しますが、いかがなものでございましょうか。このために御浄化を長引かせているのではございませんでしょうか。御霊紙は毎日戴いております。激痛の場合は一日に十数回御浄霊させて戴いておりますが、それでよろしいでしょうか。普段は一日二、三回程度でございます。右御伺い申し上げます。」

『尿菅が痛み――尿の中の毒素が粘膜にしみる訳ですね。偏食をいけないように思いますが、決してそんな事はないですよ。偏食は結構ですよ。医学の方でいけないように言うんですが、本当言うと偏食が健康に良いんですよ。一番、偏食でいいのは鳥ですね。カナリヤなんか稗ばかり食べている。偏食というのは、身体が要求するんですからね。要求するのは、必要だから要求するんです。結構だから、偏食は大いにやりなさい。人間は偏食するのが健康になるんです。』

『農作物がそうですね。一つ物を作ったら、段々採れて来ます。それに対する土が、それを要求する成分が出来て来るんですから、うんと出来ます。』

『御守は取り替えると良いです。今の浄化は強いですから、本人に強く来ます。人工吐瀉――本当はいけないですね。無理に吐かせるのはね。でも、大して悪いことはないです。でも、そうやると、ただ癖になって、この次から吐き方が悪くなるんです。御浄霊――これは幾度やっても良いですよ。肺病だけはちょっと何ですがね。他の病気は浄霊するほど良いんです。』

「見ていられない程の激痛で、激しい時は一昼夜位続きます。」

『そんなはずはないがね。誰が浄霊しているんですか。光明如来様は御祀りしてあるんですね。』

「大光明如来様を御奉斎させて戴いております。」

『もう治らなければならないがおかしいね。無論薬毒ですがね。うんと薬毒があるんですよ。で、浄霊に力が入るんじゃないかな。注意したでしょうね。背中をやっているんですね。これは無論背中ですよ。』

「今度の御浄霊法は良く申しております。」

『まだ併し、力が入るんだ。さもなければ治らなければならない。もっと力を抜くように言いなさい。そうして、背中にあるから、そこをやる。そうして、力を入れなくて、向こうに通るようにね。これは難しいんですよ。力を入れなくて、それで向こうに通すんですからね。それから偏食は結構だ。一つ物を食べるのは結構だ。』

「チョコレートを食べ、そのために痛みが来たと思われます事がございます。」

『それは、食物のせいじゃない。薬毒が、そこに出て来るんですから、そんな事は問題ではないんです。何しろ、余程たちの悪い薬が入っているんでね。』

「御浄化が激しくない時には普通食でよろしいでしょうか。」

『良いですよ。こういう人は良くありますよ。それで、漢方薬に多いですね。』

「最初は洗面器に六杯ございました。」

『大変なものですよ。ある峠まで行って、越すと段々良くなりますが、この人は峠をまだ越してない。こういう人は峠が幾つもあるんですよ。そういうふうにやれば、段々良くなりますよ。そう難しいものじゃない。』

 

15、胃潰瘍の再浄化にて、毎晩胃部に激痛を覚え、食欲が減り、衰弱してきた中年の男子 

「御教え集」7号、昭和27(1952)年3月20日発行

「昭和二十五年四月入信の四十八歳の男子、二十六年四月胃の御浄化を戴き、十二月二十六日小康を得、出勤出来るようになりましたが、一月四日再浄化を戴き食欲が減りしだいに衰弱の度が加わって参りました。特に夜一時から二時頃まで毎晩胃部に激痛を覚え、耐え難い事もございます。このように毎晩定まって痛むのは、何か霊的の原因がございましょうか。一家入信させて戴き、御神体、お屏風観音様は御奉斎させて戴いております。生来至極健康で昭和十八年潰瘍で大学病院に二週間入院し、手術すると言われ退院し、断食療法で全快致しました事がございます。」

『この人はどの位薬をやっているんですか。』

「ほとんど飲んでおりませんようでございます。」

『薬を飲んでいなくて、胃潰瘍になるのは変ですね。胃潰瘍というのは薬で作るんですね。霊的という事は、ない事はないが、胃が痛むという事は滅多にないですね。子供のうちに飲んでいるんじゃないですか。』

「詳しくは存じませんので――。」

『必ず飲んでますよ。聞いてご覧なさい。背中を浄霊しているんでしょう。何でもなく治るんですがね。背中に固まりがありますね。』

「長崎県の信者で、専門の教師がおりませんために、信者さんが致しております。」

『浄霊に力が入るんじゃないかな。力を抜いてやれば、何でもなく治りますよ。これは確かに薬毒ですよ。子供のうちかに、必ず飲んでますよ。漢方薬かも知れませんね。』

 

16.下痢と食物、潰瘍の原因と食物について 

「御教え集」13号、昭和27(1952)年9月25日発行

『下痢の場合にはそれに合うようにして良いのですが、それは下痢にもよるのです。私なんかこの間非常な下痢をしましたが、普通の物と同じです。というのは下痢の招待が分かったからです。ここ(後頭部)の毒が溶けて下痢になっているのだから、食物は関係ない。ただこういう場合に気を付ける。潰瘍です。始終胃の薬を飲んで――胃の薬というのは消化薬で、消化薬は重曹が元ですから、重曹というのは柔らかくする癖がある。そうすると胃壁や腸を段々柔らかくしてしまうから、胃の粘膜がちょっと触っても切れるようなそういった習慣になってますから、固形物がそこにつっかかると、傷をして出血したり痛んだりします。それから十二指腸潰瘍もそうです。そういう場合だけです。そういう場合は分かります。出血があります。喀血するとか――胃潰瘍の喀血ですが、それから便が出るとかするから、その時は潰瘍が出来ているのですから、その時はそれに障らない物を食べるとよい。』

 

17.胃癌で食欲減退、衰弱し、ヌラを嘔吐、不眠、横臥不可能足が痺れる等の症状ある中年の男子 

「御教え集」8号、昭和27(1952)年4月20日発行

「五十三歳の男子、二十五年十月頃より胃潰瘍で、自宅療養のあと、二十七年一月胃癌となり、二月に光明如来様を御奉斎させて戴きました。最近食欲減退して衰弱を増し、一杯の食事もあまり入らず、時々ヌラを三合位吐きます。また泡状の時もございます。昼夜寝られず座ったままにて、胃付近が苦しく足が痺れております。便は三、四日に一回少量致します。三月二日に突き上げて参り大変苦しみました。本人は以前信仰しており、薬はあまり使用しておりません。いかが致しましたらよろしゅうございましょうか。」

『これは駄目だな。これはよろしく――お断りした方が良いですね。これは本当の癌ですよ。時々ヌラを――これは立派な癌ですからね。それで一日一杯の食事 ――これはもう駄目ですね。だから家の人に、到底見込みはないと言ってよろしく止すというようにした方が良いですね。』

 

18.薬毒多量に使用してあり、現在ヌラようの物を上げ、乳房の上、みぞおち、腕の下に固まりあり、衰弱した婦人 

「御垂示録」21号、昭和28(1953)年6月15日発行

「三十四歳の女、二十六年二月入信致し御用をさせていただいております。二十八年五月二日以来浄化にて床についている方が多く、ヌラのような物を上げております。乳房の上、みぞおち、腕の下に大きいのは指先大、小さいのは小豆大のコチコチした物があります。」

『押すと痛いですか。』

「あまり痛みません。」

『熱はありますか。』

「ありません。まれに三十八、九度くらいになる程度であります。食欲は茶碗半分くらいにて体力は弱っております。浄霊は一日二、三回致しますが変化はありません。入信後間もなく龍神が出て来た事があります。三十二歳の弟は長男で入信致しておりますが、両親はまだでございます。強く反対もしないが入信はしないという状態でございます。本人の希望で父親に話した事がありますが、今もって分かりません。龍神と現在の浄化に関係がございましょうか。今後どのように致したらよろしいでしょうか。」

『薬毒はどのくらいはいってますか。』

「相当に入っております。新しいマイシンなどの薬は入れておりませんが、サルバルサンを十五本くらいしているそうで、あとは葡萄糖に栄養剤くらいでございます。」

『あとはと言うが、それが悪いのです。あなたは何でもなく思うでしょうが、葡萄糖などは悪いのです。これはまず駄目です。一旦良くなったのですか。』

「ある程度良くなったような状態でしたが。」

『難しいです。私に聞いてくれというのでしょうから、私の返事は”娘さんがなおったら信仰に入りなさい。治らないうちはよしなさい”です。』

 

19.胃癌と言われ、足、腹部、顔にむくみあり、ヌラは吐かないが、衰弱した老人

「御垂示録」1号、昭和26年 9月15日発行

「二十六年一月から浄霊しております六十七歳の人で、胃癌でございますが浮腫が足全体と腹部、顔に来ております。ヌラは吐きません。痛みはなく、食欲は最近段々減って来ております。二十六年七月末に光明如来様奉斎し、それから下痢をし、衰弱しております。」

『ヌラが出なければ癌ではない。浮腫があるのが面白くない。難しいから医者にかけなさい。助からないでしょう。』

 

20.胃癌と宣告され、ヌラを吐き、胃の固まりが動き、井戸の龍神との関係と、衰弱を葡萄糖に依存しようとする老人 

(御教え)

「六十八歳の男子、本年二月中旬胃癌と宣告を受け、それ以来御浄霊を戴いておりましたところ、最近一日五合程度のヌラが出ております。胃の固まりは御浄霊を致しますと動きます。胃癌は龍神の再生者とうけたまわってございますが、胃の固まりは龍神の霊でございましょうか。また龍神が前世において生物を、生きたまま呑み、その霊の怨みが固まりとなり動くのでございましょうか。なおこの家に以前井戸があり、そこを埋めて物置に致しましたが、この井戸の龍神と関係がございましょうか。また食欲不振のため衰弱致しますので、本人は衰弱を恐れ飲用葡萄糖の要求を致しますが、いかなるものでございましょうか。なお御浄霊の個所につき御教えを賜りたくお願い申し上げます。」

『ヌラは龍神の毒です。前世で色々な動物を呑んだ罪があるからです。井戸を埋めてまもなくであれば井戸の龍神も関係がありましょう。葡萄糖は一時衰弱を止めますが、後でまた衰弱します。食欲は本人の望むものを与えてなるべく進むようにする。背中をよく御浄霊する事。』

 

21.胃癌と診断され、胃の上部に固結があり、移動し、苦痛あり、水様のものを吐き、現在は吐き気のみにて、食欲不振、衰弱せる中年の男子

「地上天国」50号、昭和28年 7月25日発行

「四十五歳の男子(信者)二十七年六月頃より胃の具合悪く、十月下旬まで働きながら胃腸薬クレオソート丸二〇〇個入り五瓶、ノルモザン一八〇個入り二瓶、ネオヨーソ一〇〇個入り四瓶、オーレオマイシン一六個入り一瓶を服用致しましたところ、次第に悪化し十一月初め医師より胃癌の初期と言われ、十二月初め外科医に診察して貰いましたところ、やはり胃癌と言われ、十二月十九日より御浄霊戴くようになりました。三十回ほど通いますうち胃の固結には変化ありませんが、圧迫感が幾分とれ食欲も少し出て参り、大変具合が良いと申し、二月六日妻と共に入信致しました。」

「その後再び苦痛が激しくなり、苦痛は胃の上部よりへその辺りまで上、下動致し、ほとんど毎夜九時頃より二時間程激痛があります。」

「固結は胃の上部に握り拳大のがあり、以前よりは大きくなったようでございます。なお、この固結は御浄霊致しますと移動致します。左肋骨下部裏側にも小さいのがあり、やはり痛みます。腰部も苦しいと申し、上体が真っ直ぐに伸ばせません。」

「五月下旬頃肛門部に梅干し大の固まりが飛出て、排便の際多少痛むと申しますので、御霊紙を貼らせて戴きましたところ排膿もせず小さくなり、ただ今は少し残っておりますが、ほとんど苦痛はないと申します。最近一進一退でしたが食欲が特になくなり、衰弱を増して参り、用便にようやく立つ状態にて今まで少量ながら水のような物を吐いておりましたが、今は吐気のみで出ません。熱は頭部と胃部に少しあります。御浄霊個所は胃の裏表を主とし、後頭部、頚、肩、腎臓部、腰部、尾てい骨を致しております。」

「北海道におります頃、胃の薬だと言われ、青大将を食したことがあると申します。なお、弟が胃癌にて死亡しております。」

『これは薬毒癌である。この人は肩に固まりがあるから肩を専一に浄霊し、柔らかになるに従って治ってゆく。』

 

22.胃癌にて一時よかったが、再び悪化、体に油気なく、ヌラを吐き、食欲不振の中年の男子(御守様から音が出ることについて)

(御教え)

「四十八際の胃癌の男子、寝床に入って静かに致しておりますと、電池に充電しているようなジジイと言う音が身辺に致します。不思議に思いながら、ふと胸を見ると、御守様の紐が細かく震えます。御守様を胸からお外しして手に取ると御守様から音が出ております。この音は本人のみならず介抱の妻女等にも、はっきり聞こえました。後日その不思議を他の人に語りますと、四十二歳の女の方が実は私もその通りで不審に思っていると語られました。この方は入信当時は憑霊現象がチョイチョイありましたが、現在では普通であり、健康であります。この音は時々断続的になるのでございますが、いかなるお知らせでございましょうか。御伺い申し上げます。」

『ははあ、面白いもんですね。初めて聞きましたね。経過はどうでしたか。』

「一時良くなりまた悪くなりました。」

『胃癌はスーッと治らねば駄目です。容態は。』

「顔色青白く、体に油気なく、ヌラを出し、食欲ありません。」

『まあ駄目ですね。光が音を出すのは火素の多い証拠です。』

 

23.胃癌と診断され、胃の手術をし、その後腹部が左右驚異的な膨張をきたし、肛門脱出、脚部にむくみある老人  

(御教え)

「当年六十歳になる信者(男)約三年ほど前に数人の医者の診断で、胃癌らしいとの事で胃の手術を致しましたところ、胃壁、腸部、背面腎臓部と腹壁との間にちょうど鶏の脂肉のような一寸四方位の固まりが散在致しておりました。医者はその全部は手術出来ず、その一部の手術と、胃腸吻合等をして縫ってしまいました。その後、漸次腹部が膨張し始め、昨年三月末、御浄霊を続けておりますが、ここ二、三ヶ月来次第に膨張し、前後左右驚異的に膨張致して参りました。(ちょうど産前の産婦の倍以上と思われます)そのために肛門脱出、脚部浮腫、しかも腹部の膨張と共に、硬い塊も拡大致しております。食欲はございますが、苦痛のため余りすすまない現状でございます。その原因並びに今後の処置等について御教え戴きたく、御伺い申し上げます。」

『胃手術はすべきでない。』

 

24.胃癌の手術後、本教に頼りたいと言う人

「御垂示録」3号、昭和26(1951)年11月25日発行

「胃癌と言われ、みぞおちから八寸位切っていて、今、流動食だそうです。メシヤ教に頼りたいと言うのでございますが、いかがなものでございましょうか。」

『切ったら生命は平均二年半でしょう。だから長く延びたとしても三、四年でしょう。ああいうのは、浄霊してもそう効果はないからね。切っちゃったのはしようがないですね。医者の罪悪ですね。』

「浄霊しましても、延びるという事はございませんでしょうか。」

『良くみて五年でしょうね。それで上等の方でしょうね。それだけ切ったら三年も難しいですね。一、二年じゃないですか。そういうのは医者の方ですね。こっちでは手が出ない。そういうのは、霊界の事でも良く知って、死ぬ覚悟をするよりない。それが一番の救いでしょうね。』

「医者は二ヶ月位だろうと言って切ったそうです。」

『そういう医者が間違っている。要するに善意の罪悪です。』