『雷火恐怖症』

「世界救世教奇蹟集」昭和28(1953)年9月10日発行

左の御蔭話の人は、雷恐怖症であるのは勿論だが、この原因は何かというと、この人は前の世雷火で死んだその時の恐怖が霊に染みついていて、霊界生活が短かかったのでまだ除り切れないまま生まれて来たのである。それが為霊にその曇りが沁み着いているのを、浄霊によってその曇りが除れたから治ったのである。これによってみても、先天性疾患の原因はよく分るであろう。

 

御蔭話 愛媛県I.H.(昭和二七年八月一三日)

私は三〇年前頃から雷が怖くなり、年々恐怖の度を増し、近頃は極度の恐怖症となり、我乍ら年甲斐もないとあきれて居りました。それも普通の恐怖症とは違い、夏分等曇天の日は、気分が悪くなり、ラジオがガリガリと言い出しますともう胸がハタハタとし出し、その一つ一つに寿命がけずられる様な思いで早速蚊帳を吊って蒲団にもぐり込むという様な状態でございました。殊にぐっすりと死人の様に眠って居る時でも南の山蔭でかすかにゴロゴロと雷が鳴りますと、その最初のゴロから眼を覚してしまうょぅな状態で、今日はどうもありそうだとの予感のする時は絶対に一歩も外出出来ない様な有様で困って居りました。入信後間もない七月一〇日に支部のH先生が御布教にお見えになるとのお知らせに、生憎当日は雨模様でございまして普通なら絶対外出禁止という処でございますが、どうした風の吹き廻しかふとお迎えに行きたくなり、三里の道を雨具を持ってお迎えに出掛けました。帰って聞いて見ますと私が出てからは相当な大きな雷が鳴ったとの事で、全く先生をお迎えに行ったばかりに嫌な音も聞かずに済んだと喜んで居りました。その日は終日降り続き夜明け方ふと雷鳴に目を覚しましたが、不思議な事に何ともなく「ああ雷が鳴って居るなあ」というような感じしか致しません。全く吾乍ら不思議で家内の方は一時間も前から物凄い雷鳴の為眠られず目を覚してしまったとかいう事で床の中に起きて居りました。全く有難い事でございましてあれ程の雷気違いも明主様の御神徳によりピタリと治ってしまいました。この余りにもはっきりした御神徳に益々神様の偉大なる御霊徳を覚らせて戴き、早速御神体、御屏風観音様を御奉斎させて戴き、一人でも多く悩める人をお救いさせて戴き、御手伝いをさせて戴きたいと念願して居ります。この上とも御守護賜わります様伏してお願い申し上げますと共に、厚く厚く御礼申し上げます。

明主様有難うございました。