アーカイブ

5.『毒素とは何か』

病気の原因は体内に溜った薬毒の固結が、溶解排除される苦痛である事と、医学はその苦痛を逆解し、溶けようとする毒素を固める事であるが、それには毒を体内に入れて弱らす事である。というのは毒素排除すなわち浄化作用なるものは、人間が健康であればある程旺盛なものであるからである。そこで浄化作用を停止する事で、それには健康を弱らす事である。その理を知らない人間は、昔からその毒を探し求め飲ませたところ、からだが弱り、浄化が弱り、苦痛が軽減したのでそれで治ると思い、有難いものとして薬と名付け、病気の場合これを唯一のものとして用いたのである。これについて有名な漢〔蘭〕方の名医杉田玄白のいった事は、「薬は毒である。治病に薬を飲ませるのは、毒をもって毒を制するのだ」との言葉は至言である。ただいささか徹底しない点は、毒をもって毒を出さないようにするといった方がなおハッキリする。この理によって毒の排除を止めるに毒をもってする以上、古い毒素の上に新しい毒素を追加するので、古い毒の固りの外に新しい毒の固りが増えるから、最初より浄化が悪性となる。それに対しまた新しい毒を入れるから、段々毒が増えてゆき、からだは弱る上に弱るので、浄化の力も弱くなる。こうなった人は顔色悪く、風邪引き易く、元気なく、常に医者と薬に浸りきりになり、生ける屍のごとくなって、年が年中苦しみ通しであって、一人前の仕事など到底出来ない哀れな者である。しかもそうなってもその原因が分らないから、相変らず次から次へ医師を取換え、新薬を探し求め、灸や禁厭(まじない)、民間療法、信仰等に遍歴しているが、それでも根本が分らないため、散々金を使った揚句(あげく)、苦しみながらあの世行となるので、この因はといえば医学の誤りであるから、この罪悪こそ驚くべく恐るべきもので、結果からいえば医学は悲劇の製造元であるといってもいい。

このように私は思い切って赤裸々にかいたが、これを読んだ医学関係者は何と思うであろう。中には憤慨する者もあるであろうが、全人類救済上止む事を得ないので、小の虫を殺して大の虫を助ける訳であって、これこそ神の大愛によるのであるから、むしろその恩恵に感謝すべきである。その結果病なき人間が増えるとしたら、この世界はどうなるであろうか。今までの地獄世界は一転して、地上天国、極楽世界となるのは必然で、想像するだに歓喜幸福の希望が湧くであろう。

 

6.『現代文化とは』

これまで説いた事によってほぼ分ったであろうが、要するに医学誤謬の根本は、自然を無視したところにある。というのは病気というものは、さきにかいたごとく体内機能の邪魔物である毒素を、病気という形によって排除する自然作用であって、そのように神が造られたものである以上、人間はそれに従うのが本当である。この例としては、彼(か)の風雨や雷火である。これは空気界及び霊気界に汚穢が溜り、これが濃厚となると、毒素が発生し、人畜その他に害を及ぼすので、浄化作用が発生する。すなわち風で吹き払い、雨水で洗い、天日で乾かし、特殊なものは雷火で焼尽する。これを小さくしたものが人間の病気であるから、この理を知ったなら病気を止める事が、いかに反自然であるかが分るであろう。

ここで病気と科学の関係についての誤りについて詳しくかかねばならないが、元来科学の役目は人間生存上人間の意欲を満たすべく、より便利に、より美しく智能を豊富にし、幸福を増進するための学問であって、その分野は自ら定められている。それは形而下(けいじか)的学問であるに対し、人間の生命は形而上(けいじじょう)的の存在であって、科学の分野には属していないのである。すなわち科学は唯物的分野であり、人間生命は唯心的分野であるのが真理である。しかるに近代に至って科学の驚くべき発達によって、人間はそれに幻惑され、科学をもってすればいかなるものでも解決出来るとする科学過信に陥ってしまったのである。それがため己れの分野を逸脱し、唯心分野の領域に侵入したので、その結果人間生命をも自由にしてしまった。この下剋上(げこくじょう)的考え方が医学を生んだのであるから、根本的に誤っているのは今更言うまでもないのである。

以上のごとく人間生命は、唯心分野にあり、唯心分野を握っているのが神であるから、私が行う治病の素晴しい力も神から発現する以上、いかなる病気も治るのは当然であって、敢(あえ)て不思議はないのである。ところが現代人はこれを見て不思議と思い、奇蹟としているのは実は嗤(わら)うべきであって、逆さになって見れば真直なものが逆さになっているのと同様である。という訳で私が行う神霊治病方法は、見た事も聞いた事もない破天荒(はてんこう)的であるから、容易に受け入れる事は出来ないので、一時は戸惑いするが、しかし根本から判るに従い俄然として、長夜の夢が醒め、医学の迷蒙も分り、ここに安心立命者となるのである。従ってこの著を読んでも、なお躊躇(ちゅうちょ)逡巡目覚めないとしたら、その人は滅びの淵に臨(のぞ)んでいる危険極まる人と言ってもいいであろう。

 

7.『手術に就て』

近来医学においては、手術の進歩を大いに誇称しているが、実はこれほど間違った話はない。むしろその反対で手術の進歩とは、医術の不進歩を表白する事は私は常に唱えている。従って真の医術とは、患部の機能はそのままにしておいて、ただ病気だけを除ってしまう事で、これが真の医術である。それはほとんどの病気は機能の近接部に毒素が集溜固結し、器〔機〕能の活動を圧迫阻害するからであって、機能自体には関係がないのである。従って治病とは右の毒素だけを除去してしまえば、それで完全に治るのである。ところが医学ではそのような巧妙な事が出来ないため、止むなく機能も共に除去してしまうので、全く無力の結果に外ならないのである。

従って病気を治す目的のため、患部全体を切り除るとしたら、原始人的方法であって、少なくとも文化的でない事は言うまでもない。しかもその手段たるや肉を切り、血を出し、骨を削るなどの残虐的行為により、患者に非常な痛苦を与えるに至ってはむしろ悲惨事である。なるほど手術中だけは麻酔薬を用いて痛苦を免(まぬが)るとしても、その後の傷口が治るまでのガーゼの取替や日数のかかる事、莫大な費用を要する等を考えたら、患者の負担は容易なものではあるまい。それでも順調にゆけばまだしもだが、中には経過が悪く再手術を要する場合もあり、切開してから誤診が分り慌(あわ)てて口を閉(ふさ)ぐ事などもよく聞く話で、たまには手術の失敗で生命を失う事さえあるのだから、全く一種の冒険である。そればかりではない、外部的病気の場合手や足はもちろん、指を切って不具にしたり、腫物などは醜い傷痕を残す等、一生涯の不幸の種を残す等忌憚(きたん)なくいってみれば、現代医学は野蛮医学といってもよかろう。

しかしながら医師はいうであろう。「なるほどそれは分っているが、もし手術をしなければ生命に関わる以上、不具や傷痕など云ってはおれないから、止むを得ず行うのだ」との理由もあろうが、これが大変な誤りである。というのは手術を要する程の病気なら、無論固結毒素に強烈な浄化が起ったからで、熱も痛みも相当激しいに違いない。つまり旺(さか)んに治りつつある状態であるから、放っておけば迅速に毒は溶けて、排泄され必ず治るのであって、苦痛はそれまでの期間と思えばいい。それを手術の苦痛に比べたら何分の一で済むのであるばかりではなく、堪えられない程の苦痛であればある程短期間で済む訳で、長くとも数日くらいと思えばいいので、しかも自然療法なら順調に治るから心配がなく、むしろ楽しみとなるくらいだから我慢し易い訳である。ところが世間よく何十日も痛む患者があるが、これは元の病気の外に薬毒を追加するため、その痛みが増したからである。しかも自然治癒なれば不具にもならず、醜い痕も残らず、短時日で順調に治り費用もかからず、生命の危険さえないのだから、この事を知っただけでも大きな幸福を得たのである。しかしこれを読む医師も一般人も、今までの考え方との余りの異(ちが)いさに、容易に信ずる事は出来まいが、これこそ絶対の真理である以上、白紙になれば簡単に分るはずである。それについての二、三の例をかいてみよう。

手術について最も多いのは、彼(か)の盲腸炎であろうが、この病気の原因は服(の)み薬の毒が胃壁を滲透して右側腎臓部に集溜し、それが少しずつ溶けて一旦盲腸部に移行し固結するので、健康であっても盲腸部と右側背部腎臓部を圧(お)すと、多少の痛みがあるのはそれであって、これがある人は早晩盲腸炎が発(おこ)るとみていいのである。これがある程度に進むとここに浄化作用発生し、高熱に激痛を伴い、右の固結が溶け下痢になって排泄されて治るので、これが順序である。ところがその際溶けた毒素は腹膜を通過するので、医師は間違えて、「これは大変だ。早く手術しないと虫様突起が破れて、腹膜炎を起すと最早手後れで助からない」というが、これを吾々からみれば笑えないナンセンスである。というのは右は順調な経過であって、命に関わるなどは絶対ないからである。従って盲腸炎の場合何ら手当もせず、放っておくだけで、一週間以内に必ず治るのである。しかも盲腸は重要な機能である以上、それが失くなれば他に影響を及ぼすのは当然で、前記のごとく腎臓部に溜った薬毒の移行する個所がなくなるから、その毒は他へ氾濫する。それが腹膜及び腎臓部である。そうなると反って盲腸炎より始末の悪い病気となり、容易に治り難くなるのである。このように放っておけば簡単に治るべきものを、誤れる医療は反って将来の禍根を残すのであるから問題である。次に多い病気に扁桃腺炎がある。これは液体薬を服む場合、それが口内の粘膜から浸入し、膿化し、扁桃腺部に集り固るが、それに浄化が起って熱で溶けて腫れ、破れて膿が出て治るのである。ところが医療はルゴール等の塗布薬で固めるから、一旦治っても必ず再発するというように癖になってしまう。もちろんその度毎に増大し、ついに手術の止むなきに至るのである。

次によくある病気にひょう疽(そ)と脱疽(だっそ)があるが、この原因はひょう疽は右なら右、左なら左の頸部淋巴腺に固結している毒素が溶けて、指の先から出ようとするそのための激痛であるから、その際頸部を探れば必ず固結と発熱があるからすぐ分る。ゆえに吾々の方ではひょう疽でも指先に構わず、頸部だけを浄霊すればたちまち痛みは去り、長くも数日で全快するのである。ところが医診では指が腐るなどというが、これこそ噴飯物(ふんぱんもの)である。この間違いは最初指先にちょっとした腫物が出来ると、それが段々上の方へ拡がって行く。ちょうど腐れ込むように見えるからである。しかしこれはある程度拡がれば必ず停(とま)ってしまうものである。また脱疽はひょう疽と同様鼠蹊部淋巴腺に溜った固結毒素の浄化作用で、これは略すが、この両方共医療では必ず手術するから不具になるので、これも浄霊か自然治療なら必ず元通りに治るし、その他の腫物や皮膚の湿疹にしてもことごとく薬毒であるから、自然療法に限るのである。すなわちすべての腫物類は放っておけば、腫れるだけ腫れて最後に小さな穴が穿(あ)き、そこから血膿が排泄して全治する。しかもどんな大きな腫物でもいささかも痕跡は残らないから、今後この理を心得ておれば、驚く程の膨大な腫物でも何ら心配はない。しかもこれは非常に結構な浄化で、もし右の毒素が内攻すれば、内臓の病気になるところを外部に排泄されたので、大難が小難で済んだ訳である。また傷や火傷(やけど)の場合よくその部へ膿が集るので、医師は黴菌浸入のためとしているがそうではない。その付近にある毒素が、刺戟のためそこへ集まり排除されるので、それだけ毒が減るからこれも結構である。

ここで大いに注意すべきは消毒薬中毒である。手術とか外傷の場合消毒薬を不可欠のものとしているが、何しろ何十倍に淡(うす)めても黴菌を殺すだけの劇薬であり、直接筋肉から滲透するので、時が経てば必ずどこからか出ようとする。その場合多くは頭痛、眼(失明)、中耳炎、歯茎等であり、時には下降して肛門(痔)、陰部、手足の関節等へまでも集溜し、腫物か湿疹となり、痛み痒みの苦痛が伴うが、ただ消毒薬に限って激痛であるからよく分る。その場合これはアノ時の消毒薬だなと思うと必ず肯(うなず)くであろう。また近頃膝から下に腫物の出来る人が多いが、これは予防注射の薬毒が下降したもので、放っておけば膿が出て必ず治り、少しも心配はないのである。

8.『浄霊とは何か』

今まで病気の原因と、そのまた原因である薬毒について詳説して来たから、今度は治す方法とその原理を詳しくかく事にしよう。もちろんこれこそ我浄霊法であって、その素晴しい治病効果は言い尽したくらいだが、病原とは霊の曇りにあるので、曇りさえ払拭すれば病気は治るのは当然であって、この理は科学的にも説明出来る。しかし単に科学のように極限された小乗的のものではない。いってみればこの世界は大別して上中下三段階になっており、これが一切万有の実相である。ところが小乗科学においては、前記のごとく唯物的分野に限定されている以上、外形のみに捉われ、進めば進む程皮相的緻密(ちみつ)になるばかりで、その結果生れたのが黴菌医学である。従って病理の根本から益々遠去かり、逸脱してしまったのである。そうして大乗科学の三段階とは上段は神科学、中段は霊科学、下段が物科学となっており、この下段に生れたのが医学であるから、そのレベルが低く幼稚であるのも当然であってそのような程度の低い科学をもって、最高度の人間生命の解決などは思いもよらない話で、むしろ僭越(せんえつ)でさえあり、長竿をもって大空の星を落そうとするようなものである。

ここで以上のごとき三段階を一層徹底してみるとこうである。すなわち今日までの世界は物科学と霊科学との二段階のみであったがため、人間生命や病気健康等の根本まで分らなかったのである。もちろん独り医学ばかりではない。あらゆる文化がそうであって、永遠性のない一時的間に合せ物がそのほとんどであったのである。という訳で治病方法にしても、前記のごとく三段階中の物科学と、そうして霊科学中の信仰療法のこの二つだけであった。前者は略すが、後者においては治病方法としては祈り、苦行、禁厭(まじない)等であって、医学と同様見るべき効果はなかったのである。またこれは別の話だが彼(か)の釈尊にしてもキリストにしても、なるほど見真実(けんしんじつ)の境地に達したとは云われているが、最高ではなく二段階の上位程度であり、智慧も力もそれ相応であって、絶対でなかった事は歴史の示す通りである。これも時期の関係上止むを得なかったのである。ところが私においては右の第一段階の最高地位に置かれている以上、無限絶対の大本元を把握しており、一切の事物に精通すると共に、病気その他万般に渉(わた)って驚異的奇蹟を現わし得るのである。こんな事をいっても、第三者は直に信ずる事は出来まいが、これこそ真理の具現である以上、何人(なんぴと)といえども結局信ぜざるを得なくなるのは断言してはばからないのである。しかるに今日までの人類はそこまで分らないがため、釈迦キリストを最高神仏として崇敬し信じて来たのであるが、事実がそれに伴わないため、人々は疑雲に閉ざされ、霊の実在を否定し、科学万能時代を生んだのである。そうして『聖書』には再臨のキリストを予言してあり、仏教は弥勒下生を唱えており、ユダヤ教やその他の教派にしても救世主(メシヤ)降臨を待望している。というようにそれぞれ昔から期待はかけられていたが、ただその時が明示されていなかったため、大衆はそれらの説は理想の表徴(ひょうちょう)くらいにしか思わず、いつとはなしに忘れられたのが現在の世界である。

私は今更自分が救世主だとも、再臨のキリストともいわない。なぜなれば昔から今日まで随分そういう名乗を上げた者もあったが、みな煙のごとく消えてしまったからで、今日それを唱え出したところで、偽キリスト、偽救世主か大山師くらいにしか見られないのは分り切った話であるからである。要は実際問題であって、今後私の仕事の上において、救世主的救いの力を発揮するか、キリスト再臨的威力を表わすか、弥勒や観音の力徳を顕現するか、天照大御神としての光明を放つか等によって、信ずる信じないを決めればいいであろう。つまり全世界の人々が公正なる批判の眼をもって観てくれれば私は満足であり、それ以外の望みはないのである。

話は戻るが、以上のごとく物の科学、霊の科学、神の科学の三段階の原則こそ大乗科学であるとすれば、これこそ今後の時代をリードすべき最高学問であるといってよかろう。ゆえに今日までの科学がいかに程度の低いものであったかは充分判るはずである。

従って我救世教こそ、最高最貴の主神が経綸し給うところの神科学の具体化であり、それから生れた浄霊医術である以上、超偉力を発揮するのも不思議はないのである。何よりも事実が遺憾なく証明している。例えばキリストの治病奇蹟にしても、一人対一人であったに対し、私は私の弟子をして、キリストと同様の奇蹟を日々無数に顕わしつつあり、その数も数十万に及んでいるので、言わば現在すでに数十万のキリストが日本に生れている訳である。この神力こそ主神以外にあり得ない事は、常識で考えても分るはずである。

ここで浄霊について一層詳しくかいてみるが、まず私は一枚の紙片に「光」という文字を書き、それを畳んで御守として入信者に渡すと、それを懐に入れて手を翳(かざ)すや、たちまち掌から光が放射され、霊の曇りは解消し病は治るのである。この光とは私の腹中に在る玉の威力であって、この光は無限に放射され、霊線を通じて御守に伝達する。この理はラジオを考えればすぐ分る。放送局、アンテナ、受信機の関係と同様である。以上長々とかいた事によって、読者は病気の根本が分り、医学の誤謬が明らかとなり、治病の根本も会得(えとく)されたであろうから、これが世界的に拡がるにおいては、病無き世界の実現は敢(あえ)て難事ではないのである。

右のごとく、黴菌の原地を潰滅する手段としての、術者の掌から放射される光としたら、この光は何かというと、これを科学的に説明してみると、すなわち曇りの中に含まれている不純粒子が光に会うやたちまち焼尽され、純粋水素のみが残るのである。それは光に含まれている火素という熱の力であって、これを説明すると、火素とは光に含まれている太陽熱の精で、言わば陽粒子ともいうべきものである。だが科学では水素はいうが、火素を言わないのは不思議である。しかし火素は熱の霊であって体ではない。体は吾々が使用する熱い燃える火であるが、霊の熱は超稀薄のものであって、体の熱に比べれば比較にならない程の強力なものである事は、実験によっても明らかである。すなわち濃厚な膿に向かって浄霊するや、回を重ねる毎に漸次薄くなり、ついには清冽な水になってしまう。これこそ火素の熱力によって毒粒子だけが焼尽されるからである。この理によって体内いずれの深部にある膿や濁血といえども全然身体に触れずして、浄霊によって溶解し、大部分は漿液となり、濃厚な分だけ排泄物となって出てしまうのであるから、最初手術の項にかいたごとく、機能を何ら損じないで、病気だけを除去する事が出来るのであるから、これこそ最も進歩せる文化的医術でなくて何であろう。そうして私の腹中にある光の玉というのは、仏教においては如意宝珠(にょいほうじゅ)、神道においては麻邇(まに)の玉〔摩尼の珠〕の名によって、昔から知られているものである。

 

9.『科学で病気は治らない』

科学の進歩は、科学発見以前の世界と較べたなら、比較にならない程素晴しいのは今更言うまでもないが、さりとて向後(こうご)百年、千年後を想う時、それは想像も出来ない程の超驚異的文明世界である事ももちろんである。そこでよく考えてみると、今日までの科学の進歩は、端的にいえば光学の進歩でしかない事である。すなわち小さなものが拡大して見える硝子(ガラス)玉の進歩である。大は天体観測の望遠鏡から、小は微生物発見の顕微鏡に至るまで、つまり大と小の極端の進歩で、中間はほとんどないといっていい。そこで医学に関する面を主としてかいてみるが、現在のところ電子顕微鏡で見得る限度は二十万倍とされている。この限度内で把握された微生物すなわち黴菌、またはウイルスを病原としているのが医学の考え方である。そこで医学はこの菌を殺滅すれば、病は治るものと信じ、それを建前として研究を進めているのは言うまでもない。

ところで考えねばならない事は、右のごとく二十万倍以下の菌を対象としており、それ以上の菌を重視しない事である。としたらここに問題がある。それは真の病原は二十万倍どころではない。百万倍か、一千万倍か、科学者は想像もつかないであろう。それのみか仮に一千万倍の菌が見えるようになったとしても、それで根本的治病が可能なるかというと、これも分りようはずがない。あるいは真の病原は菌の大きさどころではなく、無限であるかも分らない。としたら科学がいかに進むとしても、病気を治す事は絶対不可能であるのは断定しても間違いはない。それについて言いたい事は、医学は紀元前彼(か)のヒポクラテスが創始したものであって、すでに二千有余年を経ている今日、今もって病気は解決出来ないのである。しかし言うであろう。十八世紀後半俄然として科学が勃興(ぼっこう)し、それに伴って医学も発達したのであるから、このままで漸次進歩の暁、理想的医学となるに違いないから、それを期待しているのである。

ところが医学の病理のごとく、病原はことごとく黴菌としている以上、前記のごとく顕微鏡がいかほど進歩し、微生物の極致まで発見されたとしてもそれで解決出来ないのは右によっても明らかである。また別の面から見ても、人間の生命は造物主が造られた万有中、最も神秘極まるものであって、他の物質とは根本的に違っている事を知らねばならない。これは説明の要はないほど高級な存在である。言うまでもなく智性、思想、感情等の思想的面は他の動物には全然ない。この意味において人間以外の一切は、科学によって解決出来ると共に、益々進歩発達させねばならないのはもちろんであるというのは一切の物質は人間よりレベルが低く、従属されているものである。

従って人間が同一レベルである人間を、自由にする事は真理に外れているから、どうしても人間以上であるX(エックス)の力でなければならない。だとすれば人間が作った科学をもって、人間の病気を治そうとするのは、いかに見当違いであるかが分るであろう。ゆえに治らないのが当然である。標題のごとく科学で病気の治らない訳は分ったであろう。また次の例を挙げてみると一層ハッキリする。昔から至大無外(しだいそとなし)、至少無内(ししょううちなし)という言葉がある。もちろん大も小も無限という意味である。例えば大空の無限大と共に、微生物の本質も無限小である。これを人間にたとえれば想念の無限である。宇宙一切、森羅万象いかなる事物でも想念の届かぬところはない。これによってみても人間はいかに高級であり、神秘な存在であるかが分るであろう。

従って人間の病気といえども、有限である科学では治し得ないと共に、無限の力によらなければ治し得ないのは明々白々たる事実である。この理によって医学の誤謬の根本は、人間と他の物質との違いさを知らないところにある。としたら、その幼稚なる未開人的といっても過言ではあるまい。以上思い切って科学にメスを入れたが、現在のところ私の説は到底信じられないであろうが、科学の理論物理学が実験物理学によって確認されると同様、私の唱える理論が実験上確認されるとしたら、これこそ真理である。ただ私の説が余りに飛躍しすぎているので、直(すぐ)に受入れられないだけの事で、承認されるのは時の問題でしかあるまい。

以上のごとく無限の病原を、無限力によって万人を救う例として、現在日々数万の患者が救われている。例えば医学では絶対不治とされ、死の宣告まで受けた患者が、医学の医の字も知らない人々が数日間の修業によって得た方法をもってすれば、たちまち起死回生的に全治する。また彼の盲腸炎の激痛でも、術者が数尺離れた所から、空間に手を翳(かざ)すだけで、二、三十分で痛みは去り、間もなく下痢によって排毒され全治する。結核菌を呑んでも感染しない、感冒に罹る程健康は増すとしての喜び、目下流行の赤痢、日本脳炎など、数日間で全治する等々、例は何程でもあるが、これだけで充分であろう。従ってこの著を読んだだけでは余りの偉効に到底信ずる事は出来まい。ちょうど幼稚園の児童に、大学の講義を聴かせるようなものである。この大発見こそ夢の現実化であり、不可能が可能となったのである。私は断言する。何人といえどもこれを身に着ける事によって、完全健康人となり、安心立命の境地になるのは断言する。

ゆえにこの事が全世界に知れ渡るとしたら、空前の大センセーションを捲き起すと共に、文明は百八十度の転換となるであろう。その時になって臍(ほぞ)を噛むとも間に合わない。この例として明治以後西洋文明が国内を風靡するや、今まで嘲笑され下積みになっていた人達が、一挙に新時代を受持つ栄誉を担うに反し、旧思想に捉われ頑迷な丁髷(ちょんまげ)連中は、慌てて後を逐(お)うとも追いつかなかったのと同様である。しかもこの大発見たるや、それよりも幾層倍、否幾十層倍大であり、永遠性があるとしたら、徒(いたず)らに躊躇逡巡(ちゅうちょしゅんじゅん)バスに乗遅れないよう敢(あえ)て警告するのである。