御教え『仏滅と五六七の世』

「文明の創造」昭和27年

 

其(そ)の後釈尊は素晴らしい予言をされた。それは今より数えて五十六億七千万年後仏滅の世となり、次いで彌勒菩薩下生され、彌勒の世を造り給う。彌勒の世というのは、居ながらにして千里の先まで身を運ばれ、居ながらにして千里の先の声を聴き、居ながらにして千里の先から欲するものが得られるというので、其の頃としては想像もつかない夢の世界である。処(ところ)が現在の世界は最早右の予言通りになって来てゐるではないか。としたら物質的には已(すで)に彌勒の世となっているのである。処(ところ)で今まで仏者が迷ったのは、此(この)五十六億七千万年という数字であった。然(しか)しこれは一寸考えただけでも直ぐ判るはずである。何となれば如何に釈尊と雖(いえど)も現実的に、五十六億七千万年などといふ、途方もない先の世の中を予言される訳ないからである。それ程先の世の中を予言したとて、何の役にも立たないではないか。言う迄もなく、それ迄に地球はどうなるか、テンデ見当もつかないであろう。之(これ)は全く五、六、七という数字を知らせんが為である。というのは彌勒の世とは、私のいふ五六七の世界であって、此の五六七を解釈すれば、五は日であり、六は月であり、七は地の意味になるからで、即ち順序正しい世界という事である。之に就(つい)て一層深い意味をかいてみよう。

今迄夜の世界というのは、日が天に昇っていなかった時の事である。勿論霊界の事象ではあるが、之を小さく地球にたとえてみればよく分る。夜は月が上天にあって照らしていたが、段々地球を一周して、西の涯から下って地球の蔭に隠れる。すると太陽が東から昇って、中天に輝くとすれば、これが昼間の世界である。そうなれば天は火であり、中界は水素の世界で水であり、地は依然として地であるから、これが五六七の順序である。右を一言にしていえば、昼の世界とは、今迄見えなかった日が、中天に輝く姿で、それが五六七の世である。

又釈尊は或(ある)日弟子から、仏教の真髄を訊かれた事があった。世尊は「左様一言にしていえば真如(しんにょ)である」と仰せられた。真如とは無論真如の月の事で、其時既に仏法は月の教えである事を示されたのである。そうして真如という文字は、真の如しとかくのであるから、真ではない訳で、此点もよく考えなくてはならない。それから仏典では、実相真如と言われてゐるが、之は逆である。何となれば実相とは、真実という意味で、即ち昼の世界である。真如は夜の世界であるから順序からいって真如が先で実相世界は次に生まれるのである。今一つ同じような事がある。それは経文には三千大千世界とあるが、之も逆であるから、私の善言讃詞の中には大千三千世界と直してある。というのは三千世界とは、神幽現の三界であるに対し、これを纏(まと)めて一つにすれば大千世界となる。大とは一人とかくのであって主神御一方が主宰され給ふ意味である。

次に釈尊は斯ういう事ももう曰(い)はれた。此世は厭離穢土(おんりえど)であり、火宅(かたく)であり、苦の娑婆(しゃば)でもある。又生病老死の四苦があるとも云(い)はれ、諸行無常、諸悪滅法などとも言はれたので、どれもこれも世を果敢(はか)なんだ言葉である。又一切空とか空々寂々(くうくうじゃくじゃく)とか、無だとも言はれた。そこで右の意味を総括してみると、どうせ此世は苦の娑婆(しゃば)だから、苦は脱(のが)れられない。人間は生まれながらにして、苦しみを背負ってゐるのだ。いくら藻掻(もが)いたとて仕方がないから覚るのが肝腎だ。つまり諦(あきらめ)である。人間が如何(いか)に大きな望みを抱いたとて無駄であり、一寸先も分らぬ闇の世であるから、安心など出来よう筈(はず)がない。そうして此世は仮の娑婆だから、いくら骨折って造ったものでも結局は無になり、空になって了(しま)ふので、何事も永遠性はない。だから一切の欲望は結局一時的煩悩にしか過ぎないのだから、諦める事だ。諦め切って了へば、真の安心立命を得られるのだと説かれたのであって、これが仏教の真髄であるとしたら全く夜の世界の姿をよく物語ってゐる。此意味に於て万事は昼の世界迄の運命でしかない事を、遺憾なく示されてゐる。従って人間は実相世界が来るまで待つより仕方ない事で、それが今日迄の賢明な考え方であったのである。