御教え『霊層界』

「霊界叢談(自観叢書第3編)」昭和24(1949)年8月25日発行

 

霊界の構成はさきに述べたごとく、天国、中有、地獄の三段階が三分されて九段階となっており、一段はまた二十に分かれ、一段階二三ンが六十段となり、三六(さぶろく)十八すなわち総計百八十段となる。私は名づけて霊層界という。その上宇宙の主宰者たる主神が坐(ましま)すのである。主神の主の字は一二三本の横線を縦の棒一本を通し、上にヽが載っている事はおもしろいと思う。そうして人間と霊の関係を詳しく説明してみるが、人間の肉体そのままの形体である精霊があり、その中心に心があり、心の中心に魂があるという具合に、大中小の三段否三重となっているが、その魂こそ神から与えられたるもので、これが良心そのものである。この魂の故郷すなわち本籍地ともいうべき根源が、右の百八十段階のいずれかに属しており、これを名付けて私は幽魂という。この幽魂と人間の現魂とは霊線によって繋がれており、絶えず人間の思想行動は幽魂に伝達され、それが神に通じており、また神よりの命令は幽魂を経、霊線を通じて人間に伝達さるるのである。この例として人間が種々の企図計画をなし、目的を達成せんと努力するも事志と違い、思わぬ方向に赴いたり、意外な運命に突当ったりする場合つくづく顧みる時、何等か自分に対し見えざる支配者があって、自分を操っているように想われる事を大抵の人は経験するであろう。すなわちこの支配者なるものが右の幽魂から伝達さるる神の意志である。故に神意に反する場合何程努力するといえども、努力すればする程逆効果になるものであるから、人間は常に自己の考えが神意に合致するや否やを深く省察しなければならない。しかしながらこの場合私欲邪念があるとすれば、それは神意の伝達を妨害する事になるから、一時は良いように見えても、ついには必ず失敗するものである。この理によってなんらかの計画を立てる場合、よくよく自己を省み、その目的が善であるか、社会人類に役立つべきものなるや否やを深く検討しなければならない。ここでおもしろい事は、邪念のため神意に添わずために失敗苦境に陥る場合、その苦難によって、邪念の原因である罪滅が滅減する事になるから、そのため魂が磨かれる結果となり、今度は神意と合致するようになり、成功する事になる。世間よく一度失敗しその後成功する例がよくある事や、特に失敗の度数の多い程大成功者となる例があるが、右の理によるのである。

以上のごとくであるから霊層界のより上段に霊魂の籍をおく事が幸運者たり得る唯一の方法である。元来霊魂の位置は一定してはいないもので常に昇降している。なぜかというと軽い程上方に昇り、重い程下向するのであって、この軽重の原因はいかなる訳かというと、人間の行為の善悪によるもので、善事を行ない徳行を重ねれば罪穢が減少するから軽くなり、悪事を行ない罪を重ねれば罪穢が増すから重くなるという訳で、昔から罪の重荷とはよく言ったものである。故に善悪の心言行そのままが霊線によって神へ直通するのであるから、この理を知ったならどうしても善徳者にならざるを得ないのである。

前述のごとく人間は神の命によって、運命は疎か生死までも決定するのであるから、人間の生命の命の字は命令の命の字である。故に死とは神よりの命令解除である。それは世の中に害毒を与えたり生存の価値なきためであるから、人間は命令を解除されぬよう神に愛され社会有用なる人間にならなければ、長寿と幸福は得られる筈がないのである。

霊層界の上位へ行く程病貧争のごとき苦はなく、溌剌たる健康と、饒(ゆた)かであり善美である衣食住を与えられ、歓喜の生活を営まれるから、そこにいる幽魂の幸福は、霊線によって現界の人間に直通し幸福になるのである。その反対に霊層界の下位にある幽魂は、霊通〔線〕によってその人間に反映し、常に地獄的生活に喘ぎつつ一生不幸におわるのである。

世間よく家相方位などに関心を持つ者があるが、霊層界の上位に在る者は、移転や建築等をなす場合、自然良方位、良家相に移住する事になり、反対に霊層界の下位にある者はいかに努力するといえども、悪方位悪家相に移住する事になるのである。また結婚の場合、良縁も悪縁も右と同様の理によるのであって、これは霊体一致の原則による以上、この絶対力はいかなる人間といえども抗する事は不可能である。

ここで宿命と運命について一言するが、宿命とは生れながらに決定せるもので、それは霊層界の上中下三段のどれかの一段の圏内に限定され、それ以外に出づる事は不可能であるが、運命は右の宿命圏内の最上位に行くも最下位に行くも努力次第であるから、宿命の不変であるに対し、運命はある程度の自由を得られるのである。

したがって人間は常に善徳を積み、罪穢を軽減し霊層界のより上位に吾が幽魂を住せしむべきで、それによる以外幸福者たり得る道は決してない事を知るべきである。