御教え『肺患と薬毒』

「文明の創造、科学篇」昭和27(1952)年

現在の結核療法について注意すべき事は、今最も有効とされているものに気胸(ききょう)療法がある。これは肺に空洞のある場合、肺胞を萎縮させて出来るだけ縮小させようとして肺の活動を鈍らせる。つまり肺の安静法で、そのため空洞の原因である濃度の喀痰も固まると共に、空洞も縮小され、一時は小康を得るが、普通人の生活をするようになると再浄化が起り、元の木阿弥(もくあみ)となるのがほとんどである。としたらこれも根本的療法でないのはもちろんである。

その他、結核以外の肺患に対しても、簡単に説明してみるが、肺壞疽とは肺臓と肺膜の中間に腫物が出来るので、放置しておけば腫れるだけ腫れて自然に穴が穿き、多量の血膿が痰となって出て全治するのである。これも浄化の一種であるが、医学は浄化停止をするので仲々治らない。ついに不結果に終るのである。また粟粒(ぞくりゅう)結核は肺胞にブツブツが出来るのだが、これも皮膚の湿疹と同じようなもので、一種の浄化であるから自然にしておけば、ブツブツから排膿されて全治する。また肺臓癌は肉食多量が原因で、肉中に含む一種の毒素によって血液が濁り、それが肺臓内に溜り、一旦硬度の腫物となるが、浄化作用によって逐次喀痰となって出る。しかしこの病症は性質が執拗で長くかかるのはもちろんである。原因は菜食不足のためであるから、菜食を多く摂るだけで全治するのである。何よりも肉食多量の西洋人に多いにみても肯かれるであろう。次に麻疹(はしか)の際肺炎を併発する事がよくあるがこれは何でもない。ただ呼吸頻繁のため驚くが、これは麻疹が肺胞に表われ肺の容積が減るためで、そのままにしておけば二、三日で必ず治るものである。

次に、結核に関連した病気に喉頭結核がある。これは結核の末期に発生するもので、特異性としては声が嗄(か)れる事と、食事の際咽喉が痛み、嚥下困難になる症状である。この原因は痰が咽喉を通る際猛毒痰であるため、気管や咽喉の粘膜を刺激し加答児(カタル)を起すからで、この痰は最も古く、腐敗の度も強いのである。だから痰の出る間は仲々治らないからまず見込みはない。しかもこの時は衰弱も酷くなっているからでもあり、医師も喉頭結核と判るや、必ず匙をなげるのである。次に腸結核であるが、この症状は臍を中心に腹部全体にわたって、無数の固結が出来る。もちろん押すと痛いからよく判ると共に、必ず多少の熱がある。この固結が熱で溶解され、下痢となって毎日のように出るが、もちろんこの固結は薬毒の固まったものであるから服薬を廃めなければ治らないに決まっている。また下痢のため衰弱を増す病気だから、医師も恐れるのである。

最後に、結核が他の病気に較べて、特に執拗で治らない原因を書いてみるが、一度結核となるや、何といっても薬物が主となる以上最初から種々の薬物を体内に入れる。それが原因となって、経過が長引くので患者は焦ってあらゆる薬物を求めるという鼬鼠(いたち)ゴッコになり漸次体内に薬物が溜り溜ってどうにもならなくなる。その薬毒が肉体を蝕(むしば)む以上ついに不治となるのである。そうなると痰までが薬の臭いがするくらいであるから、全く恐ろしい錯誤と言えよう。従って三期結核は薬毒病と言ってもいいくらいで、こういう患者を私はよく治療したが、その目的は薬毒を除るだけである。何よりも薬毒が減るに従って、漸次恢復するに見て明らかである。但しこの薬物を除る方法こそ私の発見した浄霊法である。