体験談「もったいなさに土下座してしまう」

「景仰」より

碧雲荘にお住いになっておられて、清水町の仮本部で御面会があった昭和24年頃のことであります。

明主(メシヤ)様は、いつも御面会に清水町へお出ましになり、御面会が終わりますと、そのあと特別に個人的にご浄霊をお願いされた方など(当時の幹部の先生とか、教会長さんと思いますが)ご浄霊を給わっていたわけです。

碧雲荘からは、明主(メシヤ)様にお昼のお弁当をお持ちして帰ってしまうわけですが、明主(メシヤ)様は三時ごろまで、毎日いろいろな人にお会いになったり、時には瑞雲郷へお出ましになったりして、それから碧雲荘へお帰りになるのがご日課でした。

ちょうど、その時お嬢さまの三弥子さまが、急に体が悪くなられまして、早速、碧雲荘から仮本部におられます明主(メシヤ)様の所へ、お電話をいたしますと、折返し、「明主(メシヤ)様が、『すぐ行く』と仰った」との連絡がありましたので、碧雲荘では奉仕者の美代子さんが、玄関のところでお待ちしていたわけです。

そこへ着物の端をひっぱしょりながら、いきせき切って、明主(メシヤ)様がおいでになったのです。そして、玄関へ出迎えに出ている元気な美代子さんの顔を見るなり「ああ、お前、もう良くなったのか。良かったな」と仰ったそうです。と言うのは、明主(メシヤ)様はお嬢さまの三弥子さまと美代子さんとを名前がよく似ていた為に聞き違いをされて、てっきり、美代子さんが浄化しているとお考えになっていられたのです。それで美代子さんは、「いいえ、私ではありません。三弥子さまでございます」と申し上げますと、『ああ、三弥子ちゃんか』と仰ってホッとされたと言う事です。そのご様子を見て、美代子さんは、明主(メシヤ)様はお嬢さまの為にお帰りになったとばかり思ったら、実は奉仕者である自分の為に飛んで帰って下さった。しかも、清水町から碧雲荘へは登り坂ばかりの道で、私どもでも走ったら、それこそ息が詰まるような状態ですが、そこをかけ足でかけつけられ、一刻も早く浄霊をして下さろうとの、明主(メシヤ)様のご心情を思い、もったいなさに、思わずその場に土下座してしまったとの事であります。」 (管長)