御講話(昭和11年1月21日)

昭和11(1936)年1月21日

 

今夜は少し重大なお話がありますから、そのつもりで、小便の出たい方は、途中で出ないよういまのうち行っておいてください。その前に二、三、ちょっと断片的なお話をして、それから後で重大な話をすることにします。

いまたいへん、変な風邪がはやっていますが、これは山口県からはやってきた。そしてとうとう大阪辺りを荒らして、いまは東京へ来たんであります。

風邪がはやるということは、悪気でも来るように思われますが、これはたいへん違う。風邪がはやるときは、たいへんによい霊気が来るんで、そのために人間に溜まっていた毒素がとられるんで、たいへんいいのであります。それをいままでは間違って、毒気が来るように思っていた。

治療士の方に参考に言っておきますが、今度の風邪は、必ず耳下腺が腫れる。そうして、熱が高く四十度くらいは出るんです。しかし、たいていは二日ないし三日で治る。医者ならば十日も半月もかかるでしょう。風邪が治るについて、も一つ注意しておきたいのは、いま風邪を引くと、お医者にかかると十日かかる。うっちゃらかしてなにもしないでいると五日くらいで治り、観音力治療によれば二日で治るという割合であります。いまの医者は治さないようにするんですから、長くかかるんであります。

先刻、右手悟浄さんの話に、他宗では一生懸命拝んでも御利益はないという話をしました。これは右手さんのお話の通り、からっぽうで中がないからであります。中のないというわけは、実は一生懸命、一心不乱に拝んでも御利益をいただける神仏がない。神仏には御利益のない証拠で、あれは自力的に一生懸命に拝んで治す力を、自分に滲み出そうというやり方なんであります。

生長の家もそうで、病気はないと思ったら治ると思うので、あれも力がない。そういう自分の精神力を出し一生懸命になって治るんであります。

人に頼まれて一生懸命に祈って治すのは、これは人間の人体電気が病人に働きかけて治るんで、やはり神仏の力でもなんでもないんであります。ところが、観音様のほうはいくらも力があるから、祈らなくとも心に思えば希望通りになる。これはちょうど、親が子に対して思っているようにしてやりたいと思うのと同じことです。なにも子が一心不乱になって、こうしてもらいたいと願わなければ与えられないという親はないはずです。親子の関係と同じことですから、むしろ一心不乱になるほうが、痛々しくて不快感を感ずるわけです。

ですから、実は神仏に力のないのを無理に祈って自力でつくるんであります。しかし、まるっきりからっぽかというと、御利益を与える力はからっぽでないが、他のものがある。やはり神仏と称してる霊がある。それは、ある目的を抱いてる霊で、自己がその宗教を盛大にして、権勢を張ろうという目的の霊であって、さも御利益を与えるようにみせかけて、実は人間の自力を出させてやらす。それで、実は神仏が与えたかのごとくみせかける。そういう欺瞞的な詐術をしてるんで、ほとんどの宗教はみなそれであります。ですから、邪教インチキというのは、ほとんど全部の宗教が邪教インチキなんであります。

そういうわけですから、観音力の出現は容易ならぬ意義があり、ただ御利益を与えてみんなを喜ばすこと以外に、もっともっと重大なわけがあるのであります。

これは、はっきりとはお話しにくい。というのは、非常にいま宗教ということが注目されているからで、はなはだしく変わった話などは、別に不敬問題にもなるわけでなく、人心を惑わすわけでもない。むしろ、それによってみんなが救われることになるんですが、あまりに変わったこと、あまりに不思議なことなんで、今晩実はお話しようと思っていまして、田谷さんに訊いたところが、ちょうど、私がお話しようとすることと、田谷さんの夢と等しいので、私の前にお話させたんであります。

田谷さんの夢は一月十日の夢で、その夢が火と水とに分かれてる。これが『聖書』にある、火の洗礼、水の洗礼という、それに当たるんであります。

観音様のお知らせが始終あるんですが、それはちょうどこういうふうになるんです。ちょうど、遠くのほうから人が歩いて来るのを見ているようで、最初は、向こうから人が来るなという程度に判る。しかし、男か女かどういう人か判らぬ。ところが、だんだん近づくに従って、はっきりして男か女かも判り、どういう目的をもってるものかまで、ぼんやり判ってくる。そして、いよいよ側へ来ると、いよいよはっきりして、先の用件までも判ってくる。あらゆることが、そういう具合に知らされるんであります。でありますから、最初はぼうっと判る。たぶんそれらしいなと思われるくらいに判る。それが時期が近づくに従って、だんだんだんだんはっきりして、終に絶対に目に見えるように判ってくる。

それはなにかというと、昔から『聖書』にもあるし、経文にもありますが、最後の審判であります。『聖書』でいえば世の終わり、釈迦が言った仏滅の世であります。仏滅は仏が滅するとありますが、仏は物質世界ということになる。そうすると、仏滅ということは非常に恐ろしいことになる。ところが、そういうことが実際あるかないかというようなことはかなり漠然としていた。それがだんだんと時期が近づくに従って、あるか否かがはっきりしてきたんであります。どういうわけではっきりとあることが判ったかというと、この神様の大審判が、私らの想像よりももっともっとずっと激しい、すばらしいことです。それで、私は愕然として驚いた。そしてこの観音会の出現は、そのための使命であることまでが判ってきたんであります。

大審判というものがあるということは、ちょうど田谷さんの夢が万事を物語っていますから、この夢によってすべて想像してもらいたいと思うのであります。でありますからして、この大審判が始まると、滅びる人間がいくらあるかしれぬ。とにかく、一カ国で何千万人、世界中で何億万人か判らぬ。そうして、これは新しく、何千年間の掃除をされるんであります。

これは、いつか話しましたが、昨年の九月に閻魔大王がこの世に表われられたとお話しました。その閻魔大王が総大将となってやられるんであります。これは天照大神様が国常立尊に審判の権を委ねられ、伊都能売之大神様には絶対慈悲をもっての救いの力を与えられたということになっております。

それはそういうわけで、国常立尊という神様は、非常に力のある神様で、むしろ絶対の力をもつ神様であります。また、善悪に対して裁かれるのが、非常に厳重で一歩も仮借(かしゃく)しないという神で、閻魔大王となられて、長らくの間霊界で審判をなさっておられたのです。ところが、今度の大掃除について出現されたのであります。

観音様は、絶対の慈悲をもって、善人だろうが悪人だろうが、差別なく救ってくださるのであります。そうして、観音様は私の体を通じて、慈悲をもって救われるが、閻魔はぜんぜん人の体をお使いにならない。霊で審判されるのであります。

これが、最初は日本から始まって、そして最後に全世界に行き渡る。これについて、新聞や雑誌に出すつもりで、論文を造ったのです。ごく穏やかに書いて、だれにも刺激することではない。温和的に書いたものであります。

 

「三千世界の大清算」(御発表)

 

これは、ごく穏やかに書いたつもりで、本当はもっと強く徹底して書きたかったんですが……

そういうわけで、赫々(かくかく)たる光明が輝くと、穢れはどうしても焼けてしまう道理ですから、汚れた人間は滅びるよりしようはない。

それでいま、私が書いた文にある通り、多くの人をみると膿でいっぱいで、膿がいっぱいだということは、霊体が非常に曇ってることで、霊体が曇ってるということは、今度の光明に遇ってなにかによって生命は保てないことになることであります。従ってどのくらい人間が死ぬか判らぬ。

例えば大震災の時ですが、曇りのひどい所と明るい所と、いろいろになっている。これは罪悪や不正の行なわれる所は暗いし、神の所や人間の徳の行いをする所は明るいのですから、霊界の曇った所へは曇った人が集まることになるのです。それをきれいにしなかったら、曇ったものは引かれるように、どうしても曇った所へ固まる。被服廠などは非常に暗く、これへ入った人はほとんど死んだ。被服廠の霊界は暗かったんで、そこへ曇った人間が入った。また、そういう曇りのひどい身体というものは燃えやすい。木でも生木は燃えにくいが、枯れ木はよく燃える。ですから、曇った人というものは滅びやすくなっている。ですから、この審判を遁(のが)れようとするには、曇りのない身魂にしなくてはならない。これは金づくでも力づくでも駄目なんであります。身魂に曇りがなかったら、どうしても安全な所へ行くことになる。で、その身魂をきれいにする所はどこかと言うと、これは観音会よりほかにはない。本当に明るい光明を放射する所は、観音会よりはかにない。そう考えたとき、観音会の使命はいかに重大なるかが判るんであります。

今日、日々の生活を幸福にするだけのみではない。いよいよそういうときに救う力を持ってるのであります。そういうことはたくさんに知らされており、そうとうに話したいと思うのであります。

先刻の夢で、太陽を拝んでる人は救われるし、逃げて行く人はみな死ぬということがありましたが、要するに、観音様は太陽の働きであります。いままでのあらゆる宗教は、月の世界のもので、太陽の働きのものは、観音会以外にはないのです。先刻、太陽を拝んでる人は救われるという、あれはよく合っております。しかも、その夢をみた人は予備知識があったんでないから、ぜんぜんかかわりがない。そういう人を神様が選ぶ。その人には私も二、三年会わない。田谷氏の奥さんは、お祭りにも来たことがない、そういう人がみること、そこに確実性を帯びてるわけであります。

大審判については、いまのところこれ以上はお話ができないのであります。これは信仰を熱心にやって霊身が浄まると、その人の智慧証覚によって悟れるんですから、その人自身悟るよりしかたない。この話はこれだけにして、実際問題としてわれわれが考えなければならぬことがあります。

それは、現在の国際関係につき、これも私は具体的にお話することは、やはり具合が悪い気がしますから、やはり夢物語として聞いていただきたい。

これは、私にある不思議な通信があって知ったのですが、いつか非常時非常時といままで言われていましたが、近ごろは非常時は解消したかのようになった。その通信によれば、非常時は実はこれからなんで、いままではその前奏曲ともいうべきものです。これからが本当の非常時なのです。それはソビエトロシアのことですが、最近計画を始めた。それは、日本をやっつけるという計画ができた。その通信が来たのです。それによると、ロシアはいまさかんに軍備をしているが、その軍備はとてもすばらしく進行している。非常に充実してきた。軍備が充実しだい始めるつもりなんであります。ロシアはなぜにそういう具合に、テキパキと軍備ができて行くかというと、これは独裁政治のためで、これは、ある雑誌で見たことがありますが、独裁政治はややこしいことがないから、ある目的を立てると、全員一致どしどし事が運んでゆく。一つのある目標を立てると、国家的に全力を集中する。そして一つの事ができると、また一つ目標を立てては全力を集中してやるから、非常に速く能率が上がる。

日本の軍備のように、議会を通してするような必要がない。ですからロシアの軍備は、いま予想以上に発展している。

彼はできるだけ満州のほうの戦線を延ばそうとする。そして、今度は満州を包囲するように外蒙辺りに延ばし、蒙古人を使って満州へ進出せしめようとしております。

だんだん準備が進むにつれて満州問題を起す。すると満州とは、日本は攻守同盟を結んでいますから、どうしても軍隊を出さなければならぬ。軍隊を出すことは、満州へはとうてい少ない。

この間の新聞によれば、ロシアは国境へ八万くらい出していて、日本は二万くらい行っているが、もっと増やさなければならぬという。満州における軍部の要求だとあります。そうすると、だんだん日本の兵隊をあっちへ送らねばならぬことになる。これがロシアの作戦で、日本国内の兵備をできるだけ手薄にしておいて、宣戦の布告をせずに突如としてやってくるという作戦で、ロシアは国際公法など破るのは屁とも思っていない。彼の作戦は、暗夜に乗じて突如として爆撃するんで、いまのところ、千台宛(ずつ)の飛行機をもって、まず、日本の東京、大阪、京都の三都を爆撃する目的なんで、もし彼の目的通りに行けば、一夜で二、三百万の国民は死ぬことになるでしょう。日本も間抜けではないからそんなことはあるまいが、とにかく彼の作戦は、そうだと私には霊的の通信が来ているんであります。

そして、まず第一に日本を混乱に陥れ、内地があわてて軍備してるうちに、北海道全土を占領する。それについて、北海道の日本人は全部鏖殺(おうさつ)する予定で、パルチザンが活動する。そうしたうえに持久戦をしようとする。アメリカではどういう計画かというと、日本と対等ではとても敵(かな)わぬことを知っている。日本がいつかは弱ることを知っている。

英国とロシアとも戦い疲れてきた。その機会を狙って一遍に攻撃する。アメリカは今度十万トンの軍艦を造ったということです。それで支那と密約して、台湾をアメリカが奪るつもりであります。

アメリカという国は、大震災のときも、その直後移民問題で強硬な政策をとった。あれも大震災で弱っているのをチャンスとしてやったもので、そういう癖がアメリカにはある。今度の支那がどうしても満州を恢復しようというので、日本と提携しない、蒋介石の兵を養ってるのも、肚はなにを目標にしているか油断のならぬことです。

今日ロシアと戦えばという警戒が成って、日本とソビエトと戦えば、その末期には、ロシアと英国と戦うことになっている。イタリアと英国もやり、とにかく全世界は欧州大戦とは違った、あれ以上の残虐な殺戮(さつりく)戦が、世界的に行なわれるでしょう。

これが夜の世界の終わりで、『聖書』にあるハルマゲドンの戦いで、世界に類例のない残虐な戦いでそれが、これなんであります。

ソビエトと戦うのは、私が言うまでもなく陸軍のほうでは充分に知って準備されてありましょうが、彼の作戦の通信があって、日本人として知っておかなくてはならぬと思ってお話しました。

『聖書』に、「世の終わり」の章に、国は国と戦い、地震所々に起るとありますが、ちょうどこの場面を言ったものと思う。

無論、最後は観音力に救われ、最後の最後は、やはり日本が世界を統一することになるんであります。日本の陛下によって統一されることになる。

それからが大光明世界となるんであって、前とは違ってたいした結構な世界になる。それまでにいろんな破壊、崩壊作用は免れることはできない。これは、身魂を磨くよりしかたがない。少しでも汚れをとっておかなくてはならぬ。

そういう時代に一番困るのは上流階級と思うのです。ふだん楽をして贅沢しているから、大国難となると物資や自動車なども徴発されるからとても苦しい。苦しい労役もし、まずい物を食って逃げなければならぬ場合もありますから、ふだん贅沢した人は身体がもたぬと思う。

第一、いまの上流階級は恐怖心が非常に強いから、そういう人達はいつ爆弾が落ちるかしれぬという極度の恐怖のため、気絶する人がたくさんあろうと思う。ですから、身魂を研くとともに健康も大いに心掛け、大いに丈夫にしておかなくてはならぬと思うのです。

で、これからはなるたけ健康に、丈夫にし、まずい物を食べて、長途も歩けるように体力を造らなければならぬ。そして、来るべき国難に堪えられるように心掛けねばならぬと思う。これはいまの常識から考えても、考えなければならぬことであります。

ソビエトの目的はなにかといいますと、全世界をしてソビエトの配下に属せしめるにあり、そのためには、なんとしても日本をやっつけなければならぬ。

ヨーロッパのほうなどは、軍備も充実していてとても駄目ですから、どうしてもまず東洋からでなくてはならぬ。それにはまず、どうしても日本をやっつけなければならぬ。日本をやっつければ、ヨーロッパをやるのもわけない。これをやれば、世界の制覇はできる。かの世界制覇の陰謀はフリーメーソンが根本で、フリーメーソンというものは、そういう時のためにある。そういう時の準備のために三億の富も持っている。それでだいたいの概念は得られるだろうと思います。