アーカイブ

1.『序論』

人類は今日まで実に恐るべき過誤を犯して来た。恐らくこれほど大きな誤算はあるまい。それは何かというと医学である。何しろ人間にとっての最も貴重なる生命を、保持するものとしての重要な存在であるからである。しかるにこれが前記のごとしとすれば、これ以上の大問題はあるまい。従って現在文化の素晴しい進歩によって、人間に与えられているところの、礼讃し感謝しても尽し切れない程の福祉も、この医学によってその功績を抹殺しても、なお余りあるくらいである。ところがこれほどの誤りを今日まで気付かなかったという事は、実に不可解というべきである。ところが神の大愛はいつまでもそれを許されるはずはない。ここに医学の蒙を啓くべく、断乎(だんこ)としてその手段を執(と)られ始めた。すなわち医学の革命である。

昔から革命と名の付くものは幾度かあったが、それは一国家、一民族、もしくは一時代、一思想といったように限られていたが、今私が行わんとするこの医学革命に至っては、全人類の生命を永遠に救うという、その福祉の大きい事は、破天荒(はてんこう)といっていいか、画期的といっていいか、言葉では現わす事は不可能であろう。要するに神は全人類苦悩の根本である医学の過誤に目醒めさせるべく、私に対しそれに必要な智慧と力を与えられたのであって、この事こそ真理の具現であり、救いの基本的条件である。ところが人類は何千年間にわたって真理を知らなかった。否神はある事情によって知らせなかったのである。しかしいよいよ天の時到ってここに真理を知らせ、文明転換という史上空前の偉業は開幕されたのである。これこそキリストのいった「世の終り」であり、「最後の審判」であり、世界的大清算である。

この時に際して、神の大慈悲は今やこの渦中に巻込まれ、溺(おぼ)れんとする最大多数の生命を救わんとするのである。もちろんこの大清算こそ、既成文明の欠陥を明らかにし、真の文明のあり方を教え、神の大目的たる理想世界を実現せられるのである。これもキリストのいった「天国」、釈尊のいった「弥勒の世」、本教のモットーである「病貧争絶無の世界」であり、その根本こそ何といっても人類から病を無くす事である。

以上のごとく私は、古往今来夢想だもしなかった大胆極まる宣言をするのであって、これは神言である以上、一点の誤りはないのである。この意味において本著を精読するや、ここに豁然(かつぜん)として目覚むるであろう。


『医学革命の書』は、英文でもご覧いただけます。
Book of Medical Revolution

You can read this teaching in English.
Click here to visit an English website ‘Johrei’.

2.『現代医学論』

この著を編纂(へんさん)するに当って、私は非常な決心をした。というのは医学なるものの実体を、ありのまま発表するとしたら、何人(なんぴと)も驚嘆せずにはいれないからである。これほど進歩したと思い、世界万民が謳歌し、信頼している現代医学に対し、私は真向(まっこう)から鉄槌(てっつい)を下すのであるから、人類救済のためとは言いながら、まことに忍び難いものがある。しかしながら神は万人の生命を救うべく、私をしてその大任に当らせた以上、私といえども絶対者の命に従わざるを得ないと共に、現在病魔のために地獄の苦しみに呻吟(しんぎん)しつつある人類社会を見る時、その原因が医学の誤謬にある以上、到底晏如(あんじょ)たるを得ないのである。ゆえにもし現在のままの迷蒙を続けるとしたら、人類の将来は果していかになりゆくや、思うさえ慄然(りつぜん)とするのである。

そうしてこれをかくに当っては、まずその根本から明らかにせねばならないが、それにはまず現代人の科学至上観念である。序論にもある通り科学さえ進歩させれば、何事も解決されるとする科学過信の思想であって、そのため事実よりも学理の方を重視し、いかなる発見創造といえども、既成学理に合わない限り拒否して取上げないとする偏見であって、これが文化的と思っているのであるから困ったものであるが、むしろこれこそ文化の反逆でしかない。何となれば文化の進歩とは、定型的学理を打破し得る程の価値あるものが発見されたとしたら、躊躇(ちゅうちょ)なくそれを取上げる、ここに文化の進歩があるのである。ところがそれを頭から否認するという丁髷(ちょんまげ)思想であって、この代表ともいうべきものが現代医学であるから、偏見を通り越して科学にはないはずの新しい封建である。という訳でこの著を読んでも、余りの意想外な説に容易に信ずる事は出来まいと思うが、しかし事実が何よりの証拠である。それは今日のごとく医学が進歩したにかかわらず、至る所病人の氾濫である。ヤレ病院が足りない、ベッドが足りないとの悲鳴は常に聞くところで、現代人残らずといいたい程何らかの病気をもっており、真の健康者はほとんど皆無といってもよかろう。これらにみても分るごとく、もし現代医学が真の進歩であるとしたら、病気の種類も病人の数も年々減ってゆき、病院は閉鎖の止むなきに至り、医事関係者のことごとくは失業者とならねばならないはずであるにもかかわらず、事実はその反対であるとしたら、ここに疑問が生ずべきだが、一向そういう気振(けぶり)はみえないどころか、益々迷路を驀進(ばくしん)している有様で、その危うさは到底観てはいれないのである。従って私はこれから徹底的に説くと共に、事実の裏付をも添えてある以上、いかなる人でも飜然(ほんぜん)として目覚めない訳にはゆかないであろう。

そうして現代人の病気を恐れるのはなはだしく、一度病に罹るや早速医師の診療を受ける。ところがこれがまた意想外であって、治るようにみえてもそれはある期間だけの事で、根治とはならない。そのほとんどは慢性か再発かのどちらかである。これを常に見る医師は気が付きそうなものだが、そうでないのはこれも迷信のためである。そこで見込通り治らない場合、仕方なしに他の医師に助勢を頼むか、他の病院へ行けと勧める。もちろん入院すれば多くは手術を伴うから臓器は除去され、その病気は起らないとしても、必ず他の病気に転化するのは医師も常に経験するところであろう。右は最も普通の経過であるが、中には医師に確信がないまま入院や手術を勧めるので言う通りにするが、確信があってさえ治る事は滅多にないのに、確信がないとしたら駄目に決っている。その結果患者の方から金を出して、モルモットと同様研究材料にされる事もしばしばあるが、ほとんどは泣寝入りである。

ところが手術も受け、あらゆる医療を続けつつも治らないのみか、益々悪化し、金は費い果し、二進(にっち)も三進(さっち)もゆかなくなり、果ては自殺を図る者さえ往々あるのは、よく新聞に出ているが、そこまでゆかないまでも病気が原因となって、色々な忌わしい問題を惹起(じゃっき)するのは衆知の通りである。今日あらゆる悲劇の原因を調べてみれば、そこに必ず病ありで、昔から犯罪の陰に女ありを、私は悲劇の陰に病ありと言いたいくらいである。それに引換え我浄霊医術によれば、いかなる重難症でも短期間に、しかも僅かの費用で快癒するので、これを医療と比べたら雲泥の相違であるのは、全く真理に叶っているからである。ここにおいていかなる無神論者といえども、今までの不明を覚り早速入信、文字通りの安心立命を得るのである。

次に知らねばならない事は、一体人間なるものは何がために生まれ、誰が造ったかという事である。これこそ昔から誰もが最も知りたいと思っている問題であろう。もちろん人間なるものは科学者が作ったものでもなく、造物主すなわち神が造ったものに違いないのは、極端な唯物主義者でない限り、否定する者はあるまい。というのは人間は神の御目的たる理想世界を造るべく生まれたものであるから、生きている限り健康で活動出来るのが本来である。しかるに何ぞや、病気に罹るという事は異変であって、そこに何らか真理に外れている点があるからで、この点に気付き是正すれば治るのが当然である。ところがこれに盲目なるがため、全然無関係である科学に持ってゆくので、治らないのが必然であって、肝腎な造り主を忘れているからである。

そうして今日までの病理は、大体左のごとくである。すなわち漢方医学においては、五臓の疲れまたは不調和のためであるとし、西洋医学においては黴菌感染によるとしている。このどちらもまことに浅薄極まるものであって、いささかも根本に触れていない迷論である。しかも後者は機械的ではあるが、科学的ではないといったら何人も驚くであろうが、それは事実が語っている。今日医師は患者から訊(き)かれた場合、病理も病原も見込も、科学的に説明が出来ないのは医師も認めているであろう。つまり病気の真因が分っていないからである。そうして医学における誤謬の根本は、何といっても病気苦痛の解釈である。すなわち医学は苦痛そのものをもって人体を毀損(きそん)し、健康を破り、生命を脅(おびやか)すものとしており、苦痛さえ除れば病は治るものと解している。この考え方こそ大変な誤謬であって、今それを詳しくかいてみよう。

そもそも病の真の原因とは、体内にあってはならない毒素が溜り固結し、それがある程度を越ゆるや、生理的に自然排除作用が起る。これを吾々の方では浄化作用というが、浄化作用には苦痛が伴うので、この苦痛を称して病気というのである。ゆえに病気とは体内清浄作用の過程であるから、これによって人体は浄血され、健康は維持されるのであるから、病こそ実は唯一の健康作用で、大いに歓迎すべきもので、これが真理である以上、この著を読めば必ず納得されるはずである。ところがいつの頃どう間違えたものか、これを逆に解釈して出来たのが医学であるから、この逆理医学がいかに進歩したとて有害無益以外の何物でもないのである。

右のごとく医学は病気即苦痛と思う結果、苦痛解消には浄化停止より外にないので、この考え方によって進歩発達したのが現在の医療である。そうして浄化作用なるものは、人間が健康であればある程起るのが原則であるから、これを停止するには健康を弱める事である。そこで弱らす手段として考え出したのが毒を服(の)ませる事で、それが薬であるから、薬とはもちろんことごとく毒である。すなわち毒をもって浄化を停止し溶けかかった毒素を元通り固めるので、固まっただけは苦痛が減るから、それを治ると錯覚したのであるから、世にこれほどの無智はあるまい。従って医療とは単なる苦痛緩和法であって、決して治すものではなくむしろ治さない方法である。ゆえに医師も治るとは言わない、固めるというにみても明らかである。

右の理によって病を本当に治すとしたら、溶けかかった毒素をより溶けるようにし、排除を速(すみや)かならしめ、無毒にする事であって、これが真の医術である。これなら再発の憂いも罹病の心配もなくなり、真の健康体となるのである。ところが一層厄介な事は、右のごとく毒素排除を止めるための薬が毒素化し、これが病原となるので、つまり病を追加する訳である。この証拠として医療を受けながら、余病といって病が増えるのが何よりの証拠である。本来なら治療をすればする程病気の数は減るはずではないか。それがアベコベとしたら、これほど理屈に合わない話はあるまい。知らぬ事とは言いながら、医学はいかに迷蒙であるかが分るであろう。

以上のごとき逆理によって、毒の強い程薬は効く訳で、服(の)むと中毒するくらいの薬なら一層効くから、近来のごとく注射流行となったのである。また近来続出の新薬も同様、中毒を起さない程度に毒を強めたもので、彼(か)の有名な漢〔蘭〕方医の泰斗(たいと)杉田玄白先生は「病に薬を用いるのは、毒をもって毒を制するのだ」といったのはけだし至言である。従って熱、咳嗽、吐痰、鼻汁、汗、下痢、熱尿、各種の出血等、ことごとくは排毒作用であり、腫物、湿疹、疵(きず)や火傷後の化膿等も同様であるから、実に結構なものである。ゆえに何病でも何ら手当もせず、放っておくだけで順調に浄化作用が行われ、速かにしかも確実に治るのである。


『医学革命の書』は、英文でもご覧いただけます。
Book of Medical Revolution

You can read this teaching in English.
Click here to visit an English website ‘Johrei’.

3.『病気を治す方法』

以上によって病気なるものの実体は大体分ったであろうが、ではそれを治すにはどうすればいいかという事である。前項のごとく放置しておけば治るのは間違いないが、それでは非常に時日がかかる。というのは毒素が少量であれば速かに治るが、そういう人は極(ご)く稀(まれ)で、大抵な人は薬毒が充満している。もっとも政府も医師も小学校時代から薬を服めと教育し、奨励し、これが文化のあり方としているのだからたまらない。今日薬剤特に新薬がいかに売れるかは、新聞広告欄を見ても分る通り、第一位を占めている。かてて加えて先天性薬毒も保有している以上、今日の人間は人間の形をした毒の塊であるから、ともすれば病気に罹り易く、その都度(つど)薬と来る。という訳で戦々兢々として日を送っている。しかもそういう人に限って矢鱈(やたら)に薬を服み、衛生にも充分注意していながら弱々しいのは、昔から養生家程弱いと言われている通りである。また当局は当局で医学の説を金科玉条と信奉している。そのためヤレ帰宅したら手を洗え、含嗽(うがい)をしろ、風邪を引くな、暴飲暴食を慎め、無理をするな、睡眠を充分採れ、黴菌を恐れよなどと注意怠らず、結核検診、各種の予防注射は固より、子供は寝冷をするな、生水を飲むな、食物をよく噛め、よく睡れなどと、ザッとかいただけでこのくらいだから、現在生活の煩雑さは生きているのが嫌になるくらいである。これが文化的生活としたら、一種の牢獄であろう。この最大原因こそ病なるものは、健康のための神の恩恵である事を知らず、逆に病気を病魔と言い、闘病などといって敵視しているのを、吾々からみれば迷信地獄に陥ちて苦しんでいる人々としか思えない。それに引換え吾々の方では病を大いに歓迎している。例えばお陰様でやっと風邪を引きました。先日は酷い下痢と嘔吐があって、それからとてもからだの工合が好くなりましたとか、やっと熱が出たからもう大丈夫だと、仕事に取掛るというような有様を見たら腰を抜かすであろう。これこそ病の根本が分っているためと、必ず治るという自信があるからで、この境地こそ文字通りの安心立命を得た幸福者である。ゆえにこの世界から薬剤全部を海へ投げ棄てるとしたら、その時を限りとして病は漸次この世界から消滅するのは、断言して憚(はばか)らないのである。

以上は現代医学に対し、大胆率直にその真相を暴露したのであるが、ではこの誤謬を是正するにはどうしたらいいかというと、それははなはだ簡単である。すなわち私の説に従い、病気に罹った場合自然療法か、または浄霊療法を行えばそれで解決するのである。これについて今までの統計によるも、最も治り難いとされている結核の治癒率が九十三パーセント、他の病気は九十七パーセントという好成績を挙げている。しかも右の少数失敗者の原因は、薬毒が余りに多量のためであるから、そうでないとしたら百パーセントは確実である。また浄霊法の最も誇るべき特長は、施術の場合医療と異(ちが)って、肉体に一手も触れない事である。そうして浄霊の主眼は薬毒解消法であり、薬毒が減っただけは治るからよく分る。といっても医学迷信に固まっている現代人は、容易に信じられまいから、充分納得のゆくよう詳説すると共に、本人手記の百の実例〔略〕をも添えてある以上、理解されないはずはないと思う。

 

『医学革命の書』は、英文でもご覧いただけます。

Book of Medical Revolution

 

You can read this teaching in English.

Click here to visit an English website ‘Johrei’.

4.『固め方法と溶かす方法』

以上のごとく現在までの療法という療法は、ことごとく固め手段であるから、医学の進歩とは固め方法の進歩でしかない事がよく分ったであろう。そうして薬剤以外の方法としては彼(か)の電気、レントゲン、種々の光線療法等、いずれも固め方法であり、氷冷、湿布、塗布薬等も同様であるが、ただ灸点、鍼(はり)、吸瓢(すいふくべ)だけは右と異(ちが)い、刺戟によって浄化中の毒素を患部へ誘引し、一時的苦痛緩和を狙ったもので、もちろん治るのではないから、灸など毎月というように定期的に据えるのはそのためである。このように今日までのあらゆる療法は浄化停止であるから、病を治すのではなく、結局治さない方法でしかないのである。

この理によって真の病を治す方法は、右とは反対に固結した毒素を溶かして体外へ排除させる事で、それ以外真の療法はないのである。それを理論と実際とによって、これから詳しく解説してみるが、それについて前もって知っておかねばならない事は、人間なるものの実体である。これを医学では一個の物質と見なしているが、もちろん医学は唯物科学から生れたものである以上、そう見るのも当然であるが、この見方こそ誤謬の根本である。というのは人間が単に物質のみであるとすれば理屈に合わない事になる。何となれば人間には意志想念という目にも見えず、手にも触れないものでありながら、確かに存在しているからで、こればかりはいかなる科学者といえども否定は出来ないであろう。とすればこの無なるものが、実は人間を自由自在に操っている本尊様という事になる。近来医学でも精神医学といって、精神的に治す方法を試みているが、これが案外奏効するので、漸次関心を持たれて来たという話である。してみると医師の中にも、人間は物質のみでない事を認識された訳である。以上のごとく人間は肉体以外見えざる心があり、心を包んでいるものを私は霊と名付けている。従って霊と肉体との両者併合によって成立っているのが人間である事は余りにも明らかである。ところが医学は右のごとき人間の本体である霊を無視し、体のみを研究して来たのであるから、一方的跛行的であって、言い換えれば肝腎な主人公たる魂を無視して、その配下共を対象とした訳である。つまり肉体は外殻で中身ではない。中身とは見えざる霊であるから、これを主としてこそ真の医学は成立つのである。医学がすべての病原を細胞〔菌〕のみに持ってゆくのもそのためである。ではなぜ科学は霊を認めなかったかというその原因こそ、霊は肉眼で見えず、機械でも測定出来なかったからである。というのは全く現代科学のレベルが低いにもかかわらず、それに盲目であったため科学を実価以上に信じ、科学で把握出来ないものは一切無と決めてしまった。つまり科学過信の結果である。従って将来科学が幾層倍進歩した暁、霊の確認はもちろんだが、ただそれまでにいかに誤った医学による多数の犠牲者が出るかを想う時、一日も早くこの迷盲を目覚めさせなければならないと痛感するのである。という訳でこの発見が現在科学の水準より余りに進み過ぎているため、容易に信じ難いのである。とはいうもののこの説こそ不滅の真理である以上、遅速はあろうが必ずや、全人類理解の時の来るのは、さまで遠くはないと思うのである。

ここで後〔前〕へ戻るが、病の根本である霊の病とは何かというと、これこそ霊へ発生した曇りであって、これを除去する方法を浄霊というのである。すなわち霊の曇りがなくなれば、体へ映って濁血は浄血となり、最も濃厚な分だけ種々の排泄物となって体外へ出て病は治るのである。そうして濁血の古くなったものが膿であるから、彼(か)の排泄物には膿と濁血と、両者混合のものとの三種あるのもそういう理由である。

以上のごとく濁血が霊の曇りの原因としたら、一体濁血は何によって作られるかというと、意外も意外これこそ薬剤であるから、初めて知った人は開いた口が窄(すぼま)らぬであろう。ところが今日までそれを知らないがため、薬剤をよいものとして使用して来たのである。しかし薬毒は医学でもある程度認めてはいたが徹底しなかった。すなわち医学では自然に排除されるとしていた事である。それについて次に説明してみるが、本来人間の食物としては五穀、野菜、魚鳥、獣肉等ことごとくは、人間の嗜好に適するように出来ており、その味を楽しんで食えばそれで必要なだけの栄養が摂(と)れ、生が養われるので、これが自然である。この点生殖と同様で、子を造る目的ではなく、他の目的によって自然に出来るのである。このように食うべき物は自ら決っており、体内の消化器〔機〕能もそれだけを完全に処理するようになっているので、他のいかなる物も処理されないのはもちろんであるから、薬は異物である以上処理されず、大部分は残ってしまう。しかも浄化を停止するだけの強い毒である以上、その毒分は残り血液中に吸収される。これが濁血である。この理を知って医師も患者も既往(きおう)を顧みれば必ず分る。この病気は何年前、何十年前に、アノ病気の時服(の)んだアノ薬、アノ注射のためであったと気が付くのである。というのは薬毒の執拗(しつよう)なる容易に解消するものではないからで、この例として私が五十二年前肋膜炎を患(わずら)った時の薬毒が今も残っており、数年前から私自身毎日のように溶かしており、近頃は大分減ったが、それでも少しはまだ残っている。今一つは三十七年前歯痛のため約一ケ年間、毎日のように薬を塗(つ)けたための痛みも今なお残っており、これも毎日浄霊しているくらいであるから、薬毒の恐ろしさは到底想像すらつかないものである。このように薬毒は一生涯の悩みの原因となるばかりか、全部の解消はまず困難といえよう。この理によって我浄霊法とは薬毒溶解排除の方法であって、現に薬毒が減っただけは快方に向うにみても判るであろう。